鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

小早川忠義さんの歌

題詠blog2009を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

小早川忠義さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


011:嫉妬
嫉妬する暇などなしうたびとは先人を読め歌多く詠め

020:貧
貧すれど窮する者は僅かにて満員電車に人の声なし

033:冠
王冠を叩きビールを開けたれば味良くなるを信じゐる祖母

063:ゆらり
ガス台の炎ゆらりと立ち上がるしもべの如く真青なる貌

☆079:恥
恥ずかしき歌削られてうたびとの第一歌集書棚に並ぶ

081:早
都心より六十二番のバスに乗り早稲田に着くと信じて眠る

092:夕焼け
真昼なる八王子駅に鳴り響く「夕焼け小焼け」大音量にて
[PR]
by yuaruhi | 2009-03-22 18:47 | お気に入り