鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

船坂圭之介さんの歌

題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

船坂圭之介さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


002:暇
隠れ扉のごとき暖簾を分け入れば有象無象の暇潰し居り

003:公園
妻在らぬ身をさむざむと晒しつつかたぶく月を公園に見つ

015:ガール
恋ひをする資格のひとつ麗しき眉目持ちたるデパート・ガール

018:京
そこ冷えの激しき夜なり京の街うすくれなゐの灯の二つ三つ

046:じゃんけん
春来しや窓のかなたにそれぞれの調べそぐはぬ「じゃんけん」の声

☆075:微
微笑みを忘れし様(ふり)が似合はなくなりしと別れ文に記しあり

098:腕
氷雨とはかく冷かなる腕に背に担ぐべき負荷わが持てばなほ
[PR]
by yuaruhi | 2010-04-08 21:31 | お気に入り