鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

理阿弥さんの歌

題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

理阿弥さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆001:春
春泥の野を越えきたる子は我の胸で眠りぬ柔らかきかな

026:丸
つめたいねつめたいのね、ね なきながら藤丸5Fの車止めピロー

045:群
群童のさわがしければ夏さなか熟れたメロンはいちど冷やして

064:ふたご
あだびとら怖るる姪は手袋をふたごに見立て一日遊べり

066:雛
雛たちを可不可可不可と選り分くる荻窪ビルの五階は狭し

083:孤独
十五人別会計の学生のひとりひとりを討ちたき孤独

094:底
受話器越し赦しの声の深々と母とう沼の底は知れなく
[PR]
by yuaruhi | 2010-08-17 10:41 | お気に入り