鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

虫武一俊さんの歌

題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

虫武一俊さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


035:金
廃ビルの影うつくしくなにものにもいつしか訪れる黄金期

037:奥
深淵の奥の椅子からほほ笑みを向けられているように寂しい

045:群
はじまりのちいさな群像劇をいま見守ることができうるすべて

057:台所
見張り台所長の席に丁寧に割られた落花生の殻たち

073:弁
口が開けっぱなしになって雄弁な膝から下は海を見ている

☆089:泡
少年よ深紅の泡を前にしてなおも慈愛に踏みとどまるか

096:交差
目の前を交差していくものたちに待ってほしくて退がっただけだ
[PR]
by yuaruhi | 2010-10-20 19:05 | お気に入り