鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ミナカミモトさんの歌

題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

ミナカミモトさんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


018:京
火を売りし乙女も死する真冬日に東京タワーの絢爛のいろ

038:空耳
空耳を待ち満月の足音を繰り返し聴く秋の命日

054:戯
自らが其処には居ない戦場は戯曲のようだと語る街角

062:ネクタイ
漆黒のネクタイのまま眠るひと、浅き夢では誰と出逢うか

064:ふたご
先人がふたご座と名をつけたとき星は今より近かったのか

077:対
高速で行き違う対向車の青は、今逃げてきた街の空色

☆086:水たまり
なにもなくかつなにもかもを水面に持ちえるしずかな水たまりの夜
[PR]
by yuaruhi | 2010-12-20 22:13 | お気に入り