鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

竹中 えんさんの歌

題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

竹中 えんさんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


001:春
なにもかも私のせいじゃないことを告げゆく春の小指はにがい

009:菜
菜津子って名前のかたちをしているね いわれて恥ずかしい月の夜

058:脳
いちごいちごあまいことばでときほぐす脳は甘さを求めてやまず

059:病
少女期の病は少しずつ癒えて冬夕焼をよこになり見ゆ

075:微
微笑んだ案山子の頬に花のたね かぜの族(うから)のざわめきやまず

084:千
百千々に揺れながらみる水槽へあさのひかりは飄々と降る

☆100:福
幸福がひとの数だけあるならばわたしはきみに会いに行きたい
[PR]
by yuaruhi | 2010-12-20 22:58 | お気に入り