鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

浅草大将さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

浅草大将さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆001:初
春とともに立ちし香りに驚けば軒端に咲ける梅の初はな

014:残
遠やまに残ると見えし白雪もそれとは分かじ今朝の霞に

040:伝
心あれば海山こえて遠つ人まつに聞きせよ風の伝てごと

050:酒
思ひ出を琥珀の酒に飲み干せば身ぬち燃えくる黄昏の海

056:摘
雪の間に若菜摘みせばころも手に通ふも嬉し春の土の香

075:朱
春の夜の朱さしそめし窓みれば空に消えゆくぬば玉の夢

079:雑
玉敷の斎庭に踏めば雑ざつと石ぞ鳴るなる我を咎むるか
[PR]
by yuaruhi | 2011-02-17 21:18 | お気に入り