鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

横雲さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

横雲さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


014:残
望月の一夜を通し照り映えて思ひ残さぬ朝の横雲

023:蜂
花蜂の飛び交ふ苑に咲く花の蜜に魅かるる心地して駆く

☆048:束
束ね髪放てば燃ゆる秋の色身は菊の香に抱(いだ)かれてをり

050:酒
花びらの浮かべる朝の菊の酒少し乱れて女澄みたり

059:騒
つれなくもあはれといひて臥せ居ればひたと寄せ来る春の潮騒

090:そもそも
そもやそもそもじを恋ふも夢ならば浮名立たぬと契る春の夜

097:毎
逢ふ毎に深まりゆくが怖きかな情けも肉も熱く燃ゆれば
[PR]
by yuaruhi | 2011-02-26 13:19 | お気に入り