鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ひぐらしひなつさんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

ひぐらしひなつさんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


016:絹
絹よりも木綿を好む六月がありてやさしい雨もひかりも

☆051:漕
彼岸へとちいさな舟を漕ぎだせばもうとめどなく水に降る雪

056:摘
カーラジオ遠く流れる春の野に誰のためでもなく若菜摘む

059:騒
鳴り止まぬ潮騒を抱く 揺れながらあとどのくらい行けるのですか

070:介
簡単な紹介のあと取り敢えず笑って冬の枝をくぐった

081:配
そのさきに夏の雲立ち大股のあなたを追って走る勾配

087:閉
あなたかと目覚めてみれどとめどなく花舞い込んで扉を閉ざす
[PR]
by yuaruhi | 2011-11-30 22:34 | お気に入り