鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

題詠blog2010まとめ

題詠blog2010で詠んだ歌をまとめてみました。


参加します  参加しますうきうきします題詠はまだ見ぬわれと出会えるところ

001:春  春は来る冬の次には春は来る否応もなく春は来るのだ
002:暇  暇なとき忙しいように見せるのも仕事の技のひとつだと知れ
003:公園  うわさでは東武動物公園の白虎は遠くを見ているという
004:疑  目に見えるものの全てを疑えば空がぱっくり割れたりもする
005:乗  何となく緑の電車にとび乗れば青い電車が追い越してゆく
006:サイン  サインカーブとコサインカーブに挟まれたヒヨコのような空間のこと
007:決  七種ある福神漬けの具のなかでどれが美味いか決められません
008:南北  幸福は南北海道にあるわれのかすかな記憶によれば
009:菜  冬晴れの白菜畑の白菜は蹴り飛ばされることを恐れよ
010:かけら  思いつく言葉を紙に書きなぐる あっ、明後日のかけらが見えた
011:青  ゆくりなく青い画面は現れてひとは眩暈というものを知る
012:穏  やわらかな日差しのなかに猫がいるかかる景色を穏やかという
013:元気  画面には元気ですか!と叫ぶひとコピーのコピーのコピーみたいだ
014:接  まっすぐな二本の線は空間でまれにひとつの接点を持つ
015:ガール  照れながらガールフレンドと言うときの言葉もわれも消えてしまえよ
016:館  宮崎県物産館のにぎわいをみやげ話として持ち帰る
017:最近  最近の女子高生の黒髪のときに茶髪のさらりさらさら
018:京  あくまでも見た目だけれどとんがりの東京スカイツリー飛びそう
019:押  押入れと天井裏をへだてたる杉のうす板家々にあり
020:まぐれ  ゆうぐれの庭にしゃがんでつまぐれの種をあつめている十二歳
021:狐  狐目の男は何を見ているか過去の入江か未来の森か
022:カレンダー  五ェ門はたしかに言ったクラリスの無事祈りつつカレンダーって
023:魂  職人の魂こもるラーメンをわずか五分で食べてしまえリ
024:相撲  とんとととんトントン相撲名古屋場所紙だといってあなどるなかれ
025:環  環境と名のつくものは増えてゆくいつかどこかのクラインの壺
026:丸  丸のなか塗りたくなっちゃう症候群6890見ればうきたつ
027:そわそわ  冬日さす庭にあそべるセキレイはどこかそわそわしている気配
028:陰  炎天のテニスコートであそぶとき小さな日陰も憩いなのです
029:利用  忘れるな市立図書館利用券ふいに家出をしたくなるとき
030:秤  天秤棒などと名札をつけられてきたない木の棒鎮座しませり
031:SF  SFの小説中に描かれるタイムマシンの材質は何
032:苦  苦しくてぎゃあとさけんで目覚めればややあかるんでいる窓のそと
033:みかん  みかん食べ過ぎで手のひらまっきいろと言ってるひとよそれは自慢か
034:孫  古書店で孫子の兵法あがないてよろこび帰るひとのゆくすえ
035:金  純米の清酒のなかにさまよえる金きらきらをわれは憎めり
036:正義  ひこにゃんにもしまさこにゃんにもあるようにいしだみつにゃんにも正義あり
037:奥  親不知を抜いたるのちのならいとて奥歯のおくを舌でまさぐる
038:空耳  聞こえないはずなんだけどふと何か聞こえたようなそれが空耳
039:怠  どうしたら怠けることができるかと思慮めぐらせよホモサピエンス
040:レンズ  美樹ちゃんのコンタクトレンズを捜すためゆけよプールへ三年男子
041:鉛  ラケットに鉛の板を貼るひとよゴルフ用のが安あがりぞよ
042:学者  モニターのQuickTimeの枠のなか学者になりし友うごきおり
043:剥  剥がされた光GENJIのポスターのなかなるひとのそれぞれの今
044:ペット  何をするでもない春の休日にペット売り場の犬を見ている
045:群  群れをなし川面におよぐ鴨たちは飛ぶ練習をいつしているか
046:じゃんけん  東京のどこかに住んでいたというじゃんけんケンちゃんとその仲間たち
047:蒸  陸蒸気ぽんぽん蒸気ゆくところ地球温暖化は進みゆく
048:来世  たぶんわが来世はノミかシラミでしょう予測と同時に希望でもある
049:袋  ゴミ袋にゴミを入れればくちばしの硬いカラスがそを裂きたまう
050:虹  雨あがりに陽が出ていれば虹が立つそのことわりを知る身かなしも
051:番号  おしなべて先生は言う名と受験番号だけは書き忘れるな
052:婆  六階の湯湯婆売り場の湯湯婆の栓のゆるみを憂う冬の日
053:ぽかん  蛸壺の蛸を取り出したるのちの壺を叩けばぽかんと言えり
054:戯  戯れにロシアンLOOKチョコレートバナナを嫌うわれら集いて
055:アメリカ  まっすぐに地面を掘れば会えるだろう南アメリカの森のキノコと
056:枯  言うことを聞かない部下がいるときは枯れ木に花を咲かせましょうか
057:台所  午前二時過ぎに入るな台所ねぎとごぼうがからんでいるぞ
058:脳  生まれくるみどり児の名を決めるとき脳内メーカーチェックするべし
059:病  強力なうどん粉病かもしれません世界を滅ぼすパンデミックは
060:漫画  折節の週刊漫画TIMESに勇気と希望をもらっています
061:奴  結婚を控えて乗りに乗っている奴の鼻毛を抜いてあげたい
062:ネクタイ  結局は同じネクタイばかりにておのれの首を絞めている朝
063:仏  ゆうぐれの仏壇店のあかるさよガラスケースに鈴ふたつある
064:ふたご  あるだろうふたごクラブに暗黙の一卵派閥と二卵派閥は
065:骨  さば缶のさばの背骨をかみ砕く煮えきらぬわが性思いつつ
066:雛  雛壇の最前列にならびたるキャラメルコーンとんがりコーン
067:匿名  どうしたらトリプルアクセル跳べますか匿名希望二十三歳
068:怒  神々の千の怒りをなぐさめて木香薔薇はかおり立つなり
069:島  大島の椿油のギヤマンの瓶ならび立つまひる真夜中
070:白衣  カッコよく白衣を羽織るおにいさんボタンは全部かけてください
071:褪  大切な言葉ばかりが褪せてゆきそれはかなしみまたはおかしみ
072:コップ  かなしみのガラスコップを磨いたらあすの朝日のあたるところへ
073:弁  弁当を食べる時間がきましたと老芸人は和やかに言う
074:あとがき  本文よりあとがきの長い本もあるわれは昨年一冊読んだ
075:微  美少女か否微少女か全員がAQUOSケータイに映り込むとき
076:スーパー  君はまるでスーパーマンのようだねとできる彼女に言ってしまえり
077:対  集合の多対多対応語るとき数学教師はややも華やぐ
078:指紋  不自然に消えた指紋をいぶかしむ刑事コロンボの右目ひだりめ
079:第  今週の第一位はと言ったのちデデデデデデとひびく太鼓よ
080:夜  夜をゆく高速バスに乗るひとの一人ひとりに思惑のあり
081:シェフ  いつからかシェフと呼ばれているひとの変わらぬ味のクリームコロッケ
082:弾  あまがさに弾ける水はかろやかに貼りつく水はしとやかになれ
083:孤独  絶景と孤独を愛するわれなれど観覧車にはひとりで乗らない
084:千  千年ののちを想えば夜は更ける明日を想えば明日になりぬる
085:訛  越前の百貨店にて越前の訛りでわれは呼び出されたり
086:水たまり  水たまりで魚を釣っているひとよそこは釣れないわれは試した
087:麗  二十年前にリハウスしてきた子麗子も今は一児の母か
088:マニキュア  左手の小指の赤いマニキュアの意味を教えてください専務
089:泡  鶏卵の黄身はつぶされ納豆へ白身は泡立てられてケーキへ
090:恐怖  世間には何のことだかわからずに恐怖の味噌汁飲むひともいる
091:旅  小説のなかに出てくる旅びとの三度の飯のことが気になる
092:烈  そのかみの四コマ漫画の激烈な大馬鹿者のふるまいぞ良し
093:全部  さもしきはわればかりかと思いつつ缶コーヒーを全部飲みほす
094:底  飲み終えて穴があるゆえ見てしまう缶コーヒーの缶のおく底
095:黒  缶コーヒーガッチャンガッチャン合体し黒い巨人となりにけるかも
096:交差  首都高の立体交差は蛇みたい蛇も立体交差も嫌い
097:換  年二回タイヤ交換するときに細いジャッキのパワーに惚れる
098:腕  腕なのか足なのかわからないけれど兎にも角にも蟹のうまさよ
099:イコール  イコールで結ばれている両辺はまったく同じであるということ
100:福  本棚の奥に炒り豆見つけたり去年の豆に福は宿るか

完走報告  今ここにこうして走りきったことを感謝をこめて報告します
完走報告  松木さん急がせちゃってごめんなさい一位あらそい楽しかったね
[PR]
by yuaruhi | 2010-02-03 23:50 | 短歌まとめ