鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

題詠blog2009まとめ

題詠blog2009で詠んだ歌をまとめてみました。


参加します  参加できることを嬉しく思います今年もよろしくお願いします
  
001:笑  オヤジギャグ時には受けることもある娘二人がちょっと笑った
002:一日  ようやくの思いで終える今日一日明日になればたやすい昨日
003:助  のびやかな肢体の少女は姿勢良く強く正しく助走路をゆく
004:ひだまり  ひだまりの真ん真ん中に陣取った太った猫が私をにらむ
005:調  草むしりしようと庭に出てみれば繰り返されるピアノの調べ
006:水玉  水玉のネクタイの奴うとましく決して水玉をまとわない吾
007:ランチ  梅地下の洋食の店マルマンのライトランチのクリームコロッケ
008:飾  結果としてよき事あれば良しとして玄関先に狸を飾る
009:ふわふわ  ふわふわかさらさら何れか一方にしなきゃならないリンスインシャンプー
010:街  みぞれなど降りだしそうな問屋街スプーンフォーク静かに光る
011:嫉妬  金のこと考えること多かりき嫉妬をしなくなったこの頃
012:達  ひたすらにバスが来るまでバスを待つ歩けば駅に達しているも
013:カタカナ  見るからに使用頻度の異なったカタカナカルタひらがなかるた
014:煮  引越すと水が変わるということを煮物の味で感じています
015:型  私の中を流れる血液の型はB型紅いB型
016:Uターン  正確に削り込まれたブーメランは正しく投げるとUターンする
017:解  解なしという解はある解ありという解はない解をさがさん
018:格差  賃金の格差はもはや仕方ないそれでもやはりお金は欲しい
019:ノート  駿河湾の深い所に沈めたい余白の多いキャンパスノート
020:貧  貧血で倒れた児童十五名超えてようやく朝礼終わる
021:くちばし  日本にきわめて普通に住んでいる烏は硬きくちばしを持つ
022:職  会社員以外の職は考えてなかったそうして育ったからに
023:シャツ  腕に肩に胸に冷たい白シャツに次第にわれの温度が移る
024:天ぷら  七間町天ぷらの店明月のかき揚げ丼の厚きかき揚げ
025:氷  水割りの氷は徐々に溶けてゆき昨日の空気の粒がはじける
026:コンビニ  コンビニの居心地の良さ耐え難く表に出れば北西の風
027:既  行く末を思う気持ちのない頃に繰り返された既視感の渦
028:透明  昔からよく知っている頃合でピンクレディーは透明になる
029:くしゃくしゃ  ポピーとかカーネーションとかソバージュとかとにかく俺はくしゃくしゃに弱い
030:牛  おもむろに樫の首枷はずされて解き放たれた牛ののろさよ
031:てっぺん  身長が百八十を超えるゆえ部長のてっぺんハゲは目立たず
032:世界  また一人また一人人が死ぬたびに薄まってゆく世界の歴史
033:冠  気がつけば娘二人の名の中に草冠が被さっており
034:序  生まれつき口の達者な人達に壊されてゆく年功序列
035:ロンドン  コロンボはロンドンにまでやって来たロンドン知らぬわれらのために
036:意図  妻の意図を見抜く私の能力はきっとどこかで活かされるだろう
037:藤  藤づるで花篭うまく編んだとて写真の賀状をよこす者あり
038:→  液晶のしくみを知ろうとするならばまずここ→を見よよくここ→も見よ
039:広  左手の中にすっぽり納まった広辞苑引くピピと右手で
040:すみれ  軒先の使い込まれたプランターにすきま無く咲く三色すみれ
041:越  水死体すぐ見つかって良かったと越前の漁師は事無く言いぬ
042:クリック  ダブルクリックうまくできずに困ってる専務の指を横目で見てる
043:係  引力と遠心力の関係を布団の中で考えている
044:わさび  新商品開発プロジェクトの席でチョコとわさびが比べられてる
045:幕  発車まで十五分とは長けれど幕の内の蓋開けず待ちおり
046:常識  常識をとことんまでも突き詰める奥村晃作さんになりたい
047:警  注意注意注意二回で警告で警告警告これでおしまい
048:逢  会うでなく逢うという字を書いた文記憶もろとも消したいのです
049:ソムリエ  久々のワインのために久々のソムリエナイフを探しています
050:災  災害に備えるために凶の出る確率高い神社に詣ず
051:言い訳  言い訳をしたい思いをこらえつつ負け組の人眉を曲げおり
052:縄  沖縄のソバは安くてなお美味く三食ソーキソバにて過ごす
053:妊娠  妊娠線を気にする妻に見る人は俺だけだよと言った過去あり
054:首  助手席に座らされてる人の目に首都高速はからまってゆく
055:式  時間にも境界線はあるもので華やぐこころ春離任式
056:アドレス  新しいメールアドレス決めるとき昔の彼女を思い出してる
057:縁  夏の日の庭の二本の青桐の間に置いた白い縁台
058:魔法  五千年前から世界経済は魔法の力で支えられてる
059:済  調理パン三つとコーヒー牛乳で済ませた昼に満足してる
060:引退  引退の宣言してもしなくても終わるときには終わるものです
061:ピンク  消え去ったピンクレディーは単純な画像処理にてまた現れる
062:坂  坂道を駆け上がるとき次に踏む予定の場所を次々に見る
063:ゆらり  地下二千メートル掘ってやっと出た温泉の名をゆらりとなせり
064:宮  焼酎のお湯割り飲もうよ宮田さん苦労は誰もしているのです
065:選挙  選挙には欠かさず出向いているものの同情票を入れること常
066:角  消しゴムのとがった角で消すような守りきれない約束もある
067:フルート  フルートのソロの響きの弱ければスポットライトは暗そうに見ゆ
068:秋刀魚  銀の針さも美味そうに光るゆえ細かき秋刀魚あまた掛かりぬ
069:隅  茶箪笥の隅に置かれた盃は四十数年間ずっと居る
070:CD  青色のCDケースに隠された矢井田瞳の青い舌べろ
071:痩  痩せたんじゃないか言われること多くそうなんですと明るく返す
072:瀬戸  右側に朽ちたドライブインがあり左を見れば瀬戸の島々
073:マスク  ワイヤーの入ったマスクの使い方娘に聞いて鼻型を取る
074:肩  まっすぐに肩のラインを整えて記念写真にまるく納まる
075:おまけ  ボンネットバスのおまけを付けるとはずるいやり方買ってしまうよ
076:住  先月から住み始めてるこの街も住み慣れた街にまたなるのだろう
077:屑  公園の落書き次々追って行き最後にわれは人間の屑
078:アンコール  お決まりのアンコール受けお決まりのオーバーオールでイルカあらわる
079:恥  買うときは自分を変えてやろうかと意気込んでいた恥ずかしい服
080:午後  午後一時丁度花粉症発症ス今年もよろしくお願いします
081:早  育児書の禁句ナンバーワンである早くしなさい言い後へこむ
082:源  おおよそに歌を詠もうとする者は源氏より平氏を好む
083:憂鬱  いざと言うときに備えて憂鬱と薔薇と檸檬は漢字で書ける
084:河  上野まで河馬を見に行きたいのですとても小さな河馬と聞きいて
085:クリスマス  クリスマスケーキの中でいちばんに抹殺されたバタークリーム
086:符  マイナスの符号のちから激しくて焦りはやがて諦めになる
087:気分  冷蔵庫開けたらアレがもう無くて今夜はとても気分が悪い
088:編  ミニョン巻きできる長さになるまではガーター編みをやめられません
089:テスト  ロールシャッハテストを受けてみたいけど何処まで行けば良いのだろうか
090:長  町長は女性と子供と老人を選んで話す笑みをつくって
091:冬  横暴な真冬をやり過ごす為に一二三四五枚着ている
092:夕焼け  あまりにも美しすぎる夕焼けに俺一人でもいいと思った
093:鼻  マスクしている人見るとその人の鼻のかたちがやけに気になる
094:彼方  そのかたち自由自在に変えながら空の彼方へ行くレジ袋
095:卓  食卓塩の瓶のかたちは脳内の決められた場所に焼き付いている
096:マイナス  マイナスの符号のちから激しくて諦めさえもやがて壊れる
097:断  飲み会の誘いを断りきれなくて微妙な笑みを浮かべうなずく
098:電気  静電気放散用のスティックを勇気をもって鉄扉にあてる
099:戻  最後には私の所に戻るならいいわと言われるのも怖いもの
100:好  焼きたてのベルギーワッフル妻が食い昨夜のお好み焼きわれが食う
  
完走報告  ありがとう今年も無事に走り切ることできました二月吉日
[PR]
by yuaruhi | 2009-02-22 23:50 | 短歌まとめ