鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

いちばん星2011(その2)

題詠blog2011を完走した皆様の歌から、いちばん星を集めました。
お題順に並べました。 051 から 100 までです。

細かい作業だったので抜けや間違いがあるかもしれません。
見つけたらご指摘下さい。訂正いたします。

詞書を含む歌もあります。
二行以上にわたる歌は / で区切って一行にしてあります。


☆051:漕(新田瑛さん)自転車を漕いでいるのか自転車に漕がれているかもうわからない

☆051:漕(ひぐらしひなつさん)彼岸へとちいさな舟を漕ぎだせばもうとめどなく水に降る雪

☆051:漕(しづくさん)まえかごに鞄後ろにあたし乗せゆっくりペダル漕ぐ君、夕焼け

☆051:漕(小倉るいさん)荒海に漕ぎ出す舟の運命の如き私のああ鳴門巻

☆051:漕(さくらこさん)大切な人がいました冬空に自転車漕げば零れるひかり

☆052:芯(松木秀さん)ボールペンの芯のインクを最後まで使い切れたら良いボールペン

☆054:丼(nahemaさん)お祭りの金魚ごめんね今日だけは白夜みたいな丼の中

☆056:摘(ひじり純子さん)日曜はブルーベリーを摘みに行く 一昨年からの約束である

☆059:騒(junさん)騒音にしゃぶられている思いしてゼブラ・ゾーンを急いで渡る

☆060:直(龍翔さん)本当は不器用じゃない こんなにも君は上手に直線を引く

☆060:直(湯山昌樹さん)経験のなき我のする忠告を素直に受ける卓球部員

☆060:直(砺波 湊さん)手をつなぐと歌ってくれた人形を家族は誰も直せなかった

☆061:有無(夏樹かのこさん)Yの有無ただそれだけでやわらかい吾のからだに実る花房

☆061:有無(新藤ゆゆさん)なに山か知らないけれど雪だって!有無を言わせず、おかえりブーツ

☆062:墓(竹中 裕貴さん)冬が来るそのきりぎしにわたしたち胸に墓標をならべましたね

☆063:丈(芳立さん)いつからかわらべ少なきひまはりの背丈くらぶるラジオ体操

☆063:丈(月原真幸さん)制服のスカート丈も髪型も校則どおり(ペディキュアは塗る)

☆063:丈(今泉洋子さん)うつかりと本音を吐いてしまひさう丈高く咲く皇帝ダリアに

☆063:丈(鮎美さん)あの草の背丈を越ゆるまでの日の我と姉とがあの草の陰

☆064:おやつ(コバライチ*キコさん)エクレアにソフトクリームメロンパン空はおやつの見本市です

☆064:おやつ(揚巻さん)手のなかにふさいで遊ぶおやつしか食べない小鳥(まだ、あたたかい)

☆065:羽(東雲の月さん)くるくるりくるりくるくるくるくると風車の羽根は青空混ぜる

☆065:羽(遥遥さん)君の言ううその中にも蝶が飛ぶ羽音を聞いた確かに聞いた

☆066:豚(遠野アリスさん)三匹の子豚の物語は長女のわたしにはすこし苦い

☆067:励(蜂田 聞さん)何やらの球根植える父の背を少し離れて励ましている

☆067:励(みち。さん)もしかして励まされてるのだろうか ザリガニが仁王立ちをしている

☆068:コットン(香村かなさん)充分にしみ込んでいるコットンの化粧水から満ちていく朝

☆069:箸(黒崎聡美さん)箸置きに箸を置く所作うつくしく夜はそれよりゆるやかとなる

☆069:箸(星桔梗さん)さよならを切り出しそうな雰囲気に箸を置けずに続ける食事

☆069:箸(峰月 京さん)箸を持つ優雅な白い指先に不埒な想像してる商談

☆071:謡(飯田和馬さん)童謡の景色が胸に落ちたとき大人の君が立っていました

☆073:自然(新津康陽さん)気がつけば自然に僕は僕になり、他の誰かになることはない。

☆074:刃(西中眞二郎さん)立ち並ぶ高層ビルの稜線が刃のごとく蒼天を切る

☆074:刃(廣田さん)子午線の君が世界に差し出した刃の上を歩きはじめる

☆074:刃(詩月めぐさん)きんきんと真白に凍る三日月が刃のように突き刺さる夜

☆075:朱(野州さん)朱の橋を渡る少女を遮って両手を広げていた夏休み

☆075:朱(小林ちいさん)朱鷺の鳴き声を知らない僕たちがそれぞれの手で守るべきもの

☆076:ツリー(桑原憂太郎さん)張りぼてのツリーに色を塗らないと間に合はないので理科をください

☆076:ツリー(ウクレレさん)クリスマスツリーはすべての装飾を脱ぎ捨て森へ帰って行った

☆077:狂(飯田彩乃さん)わたつみの軛(くびき)を捨てて浜に立てば狂へる母とすれ違ひたり

☆077:狂(平野十南さん)ああ花梨お前こんなに実を付けて何を怖がる狂いびとおまえ

☆077:狂(珠弾さん)大体の時を刻んで置き時計 「狂っている」と来客は言う

☆078:卵(原田 町さん)卵かけご飯しばらく食べてないこれから先も食べないだろう

☆080:結婚(Yoshさん)結婚はとっくに済ませてしまいました夢の中でのリプレイ続く

☆080:結婚(梅田啓子さん)三度目の結婚月を迎えたる娘におくる取れたてジャガ芋

☆080:結婚(猫丘ひこ乃さん)着ぐるみの中ではオレは結婚をしてることなど忘れてしまう

☆080:結婚((T-T)さん)君の声聞くとこの頃眠くなる たぶん結婚するんだと思う

☆081:配(空音さん)恋人の気配を消して雑踏に貴方の少し後ろを歩く

☆081:配(五十嵐きよみさん)ぎこちなく「第九」を歌う 配られたカタカナ書きの歌詞を見ながら

☆082:万(吾妻誠一さん)万札を出張前夜差し出して「恥かくな」と言う父思い出す

☆083:溝(南葦太さん)負け犬の視点で歩く道の端 排水溝に草が生えてた

☆083:溝(藻上旅人さん)溝は 埋めても 埋めても そこに 横たわる

☆084:総(薫智さん)これまでの事は総てに繋がっていると気づいてありがたくなる

☆084:総(鈴麗さん)目を開けて世界の声を聞きましょう「総合的な学習の時間」

☆085:フルーツ(津野さん)籠盛りのフルーツの色は鮮やかに白き部屋には白きカーテン

☆088:湧(久哲さん)湧き水を薄めた海の存在の木目にそって立つ覚え書き

☆088:湧(伏木田遊戯さん)湧き水を掬う仕草を疑ってかれこれ二年森を失う

☆088:湧(ネコノカナエさん)湧水はつばめの匂い少しだけ遠くへ行けるような気がする

☆088:湧(やまみんさん)湧き水の流れのように絶え間なく 勇気と希望を持ち続けたい

☆090:そもそも(生田亜々子さん)そのうちに始まる話そもそもの「そ」が聞こえたら気配を消して

☆092:念(清次郎さん)念のため金魚に多めに餌をやり君と映画を見に行く土曜

☆093:迫(草間環さん)迫力が満点なのはいいけれど花火のようなドドンパ娘

☆095:遠慮(じゃみぃさん)デートしよ遠慮するわと彼女言うnon-noのnonと悲しく歌う

☆096:取(豆田 麦さん)取れるかな届きそうでも届かないあの赤い実が一番きれい

☆096:取(小夜こなたさん)明暗を分かつ切り取り線があり既に七十億がひしめく

☆096:取(村木美月さん)お取り寄せ好きの先輩退職し侘しくなったおやつの時間

☆096:取(睡蓮。さん)こんな夜を取っておきたいほろ酔いや降るよな星や君の笑顔を

☆097:毎(伊倉ほたるさん)習慣はひとつのカタチ気が付けば毎朝卵の数をかぞえる

☆098:味(砂乃さん)ほんのりとリンゴ風味のクッキーをさくりとくずす夕飯の前

☆099:惑(不動哲平さん)惑星に住んでいるのを思い出すためにときどきマーラーを聴く

☆099:惑(たえなかすずさん)手のひらに収まりきれぬキーウィを惑星軌道にいま乗せてみよ
[PR]
by yuaruhi | 2011-12-16 21:14 | いちばん星