鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

西中眞二郎さんの歌

題詠blog2012を走りきった皆さまの歌からお気に入りを選んでいます。

西中眞二郎さんの百首からお気に入り七首を選んでみました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


012:眉
ひさびさに映画で見たる夏目雅子眉ひそめれば阿修羅に似たる

029:座
駅前のベンチに座る人群れに春にも似たる日の差しており

044:ドライ
我が乗りしタクシードライバーも月に二度神に捧げる神楽舞うとか

052:世話
世話人になりたるからには例会にまじめに出るのほかにすべなし

054:武
関ヶ原深き木立の繁る中をいかにして武者は駆け降りたるや

060:プレゼント
娘よりのバレンタインのプレゼント宅配便で今朝届きたり

☆081:秋
晩秋の日射しを受ける家ありて軒いっぱいに干柿吊るす
[PR]
by yuaruhi | 2012-04-14 11:23 | お気に入り