鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

梅田啓子さんの歌

題詠blog2012を走りきった皆さまの歌からお気に入りを選んでいます。

梅田啓子さんの百首からお気に入り七首を選んでみました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


022:突然
突然の雨に濡れたるおみな子の肌はアーモンドの匂いする

062:軸
一瞬にわが軸足を奪いたり悔しまぎれの君のひとこと

068:巨
巨いなる貌が空より現れて「ワタクシガセキニンヲトリマス」と言う

☆081:秋
蚊を殺し蚊をころしゆく秋の夜は死海の塩を湯船に入れる

083:邪
風邪という病気は無いという医者の待合室に 【東大】 の文字

085:甲
ふるさとの〈 甲子正宗 〉そなえたり禁酒を解かれし父の墓前に

094:担
苦しみや哀しみ担う歌よりもやさしいうたがさらさらならぶ
[PR]
by yuaruhi | 2012-11-20 20:45 | お気に入り