鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

津野さんの歌

題詠blog2012を走りきった皆さまの歌からお気に入りを選んでいます。

津野さんの百首からお気に入り七首を選んでみました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


033:滝
滝のなかの濡れない場所に音は無く頬にあてたるてのひら熱し

044:ドライ
酔うほどにコアントローに浸されてケーキに沈むドライフルーツ

054:武
火をつけた枝のひとつを武器にして荒れ野に放つ朝を待たずに

056:晩
晩秋のテーブルに置く腕時計紅い果実に寄りかからせて

☆080:たわむれ
二の腕に乳の匂いを思い出し午前1時の仔猫のたわむれ

089:喪
喪のときはもれなくやってくるのだろうゆっくり歩く背中は揺れる

092:童
鬼が島を追われる鬼の脛ほそき童画の色はすべて極彩
[PR]
by yuaruhi | 2012-12-13 20:36 | お気に入り