鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

風橋 平さんの歌

題詠blog2012を走りきった皆さまの歌からお気に入りを選んでいます。

風橋 平さんの百首からお気に入り七首を選んでみました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


003:散
隣町までの路地にて散華する そっとばらばらになる山茶花

☆007:驚
時代から取り残されて驚いているのでしょうが。朝刊ですよ

054:武
武蔵野に森があるから歩いてく安心できる土がまだある

063:久しぶり
騒がしくなりたくなさに低く低く「自分」と言う あ、そう、久しぶり

068:巨
地上絵の巨人がひとり平原で すみませんが、 と手を挙げている

071:籠
シースルーエレベーターが降りるこの筒を潜りてのぼる鳥籠

094:担
担当の文鳥小屋を開ける朝小学生が出会った卵
[PR]
by yuaruhi | 2012-12-23 19:31 | お気に入り