鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いちばん星2012(その2)

題詠blog2012を走りきった皆さまの歌から、いちばん星をあつめました。
お題順に並べました。 051 から 100 までです。

間違いや抜けがありましたらご指摘ください。訂正いたします。

詞書を含む歌もあります。
二行以上にわたる歌は / で区切って一行にしてあります。


☆051:囲(壬生キヨムさん)キャンディをなめながら飲む暖かい麦茶のように囲まれている

☆052:世話(ネコノカナエさん)クリオネの世話がしたいなあの淡い羽みたいなのを眺めていたい

☆053:渋(裕希さん)東京の大学生になったから待ち合わせ場所は渋谷のモアイ

☆054:武(七十路淑美さん)武蔵野の面影残る平林寺赤松林にくぐもる読経

☆055:きっと(新井蜜さん)暗がりでそつとしてみて目が眩む、つむるときつと蛇が寝てゐる

☆057:紐(松木秀さん)いっぽんの紐が歩いて恋をして滅びるまでが文明である

☆057:紐(鳥羽省三さん)組紐を編むを習へる者の居て教へる者も居るのが日本

☆057:紐(佐藤紀子さん)くつ紐を一人で結び駆けてゆく 初登校の一年生が

☆057:紐(ひじり純子さん)靴紐を左右で色を変えている17歳の息子であった

☆057:紐(じゃこさん)引っぱれば唾液まみれの飴が出る紐を口からぶら下げている

☆058:涙(芳立さん)夕焼けの傷は癒えたし涙腺がよわくなつたし花を植ゑるか

☆058:涙(龍翔さん)パトラッシュとネロのことだけ考えて貴方の前で涙を流す

☆059:貝(たつかわ梨凰さん)海底にすわり貝殻拾いたる夢の続きをまだ見ておらず

☆059:貝(なまにくさん)もう何も守るものなど無くなった貝殻ざらり撫でていく波

☆059:貝(青野ことりさん)味噌汁の蜆の貝殻庭に撒く どうしてなのか考えもせず

☆063:久しぶり(本間紫織さん)久しぶりからで始まる台本を奥歯辺りで用意している

☆064:志(浅草大将さん)科さかる越の山古志みやま越し見やまぬ雪に春の恋ほしも

☆065:酢(原田 町さん)酢大豆を朝な夕なに食べているチチンプイプイ今日も元気と

☆065:酢(じゃみぃさん)時たてば口も変わるよてへへへへ酢の物たのみ驚きの声

☆067:鎖(るいぼすさん)これからも私を守ってくれるようエンジェルたちを鎖でつなぐ

☆068:巨(円さん)私にも倒せるほどの巨大さの悪があったら、あればいいのに

☆069:カレー(秋月あまねさん)どの家のレシピだろうか炊き出しのカレーライスの味というのは

☆069:カレー(畠山拓郎さん)熱かった夏のビデオを見る夜更けカレー食べたい美味しそうだな

☆070:芸(蓮野 唯さん)芸術がわかるのかねと問いかけた貴方の所作の美に魅せられる

☆070:芸(流川透明さん)芸術かどうかよく解らないけれどギターを破壊するのは止めて

☆070:芸(もふさん)病む人が芽を摘んでいくいたずらのゆえに園芸ためらうと聞く

☆073:庫(杜崎アオさん)変わらない庫内温度にきょうからは冬限定のチョコ積まれゆく

☆073:庫(矢野理々座さん)どうやって入れたんだろう狭い車庫それよりどうやって降りたんだろう

☆073:庫(莢豆さん)彼がいつ帰ったかなんていいじゃない冷凍庫には余ったお肉

☆074:無精(紫苑さん)無精ひげ疎らなるまま午後ひと日憩へる君の喉仏見つ

☆074:無精(朱季さん)出無精と言われたけれどそうじゃないあなたと一緒が嫌なだけです

☆075:溶(出雲もこみさん)彫刻の匠の技の乗り移り溶けるアイスを掬う舌先

☆075:溶(久野はすみさん)溶き芥子ひとさじ添えたバラ肉のほろりくずれる愛はこわいね

☆076:桃(晶さん)薄桃の / 秋の夕べの遠吠えが / すじ雲なぞり堕ちてゆきけり

☆076:桃(吾妻誠一さん)錆びだした缶など気にも留めないで白桃を食う清らかな肉

☆077:転(牧童さん)蹴飛ばせば転げ苦しむシクラメン嫉妬嫉妬と音立てながら

☆078:査(東 徹也さん)「検査でね」続きをさえぎる唇で砂時計まで止める夕暮れ

☆079:帯(今泉洋子さん)漱石に運を運び来し黒猫を携帯電話の待ち受けに据う

☆080:たわむれ(あみーさん)持ったままバイバイと手を振ったから右に左にたわむれんこん

☆080:たわむれ(津野さん)二の腕に乳の匂いを思い出し午前1時の仔猫のたわむれ

☆081:秋(西中眞二郎さん)晩秋の日射しを受ける家ありて軒いっぱいに干柿吊るす

☆081:秋(はこべさん)霧の中秋吉台を訪ぬれどバスのなかから一歩も出られず

☆081:秋(梅田啓子さん)蚊を殺し蚊をころしゆく秋の夜は死海の塩を湯船に入れる

☆081:秋(小倉るいさん)大根を洗う母の背「つ」になりて野渡る風は冷たくて秋

☆082:苔 (御子柴 楓子さん)かみさまが世界とかいう苔玉をにぎりつぶせばぼくは自由だ

☆082:苔(こすぎさん)苔が吸う雨やら霧が木々育てどんがらがっしゃーんと森になる

☆082:苔(飯田和馬さん)ビルの建つ際にひしひし暮らす苔傘でなぞってお釈迦にしちゃう

☆082:苔(五十嵐きよみさん)最後には海苔がなくなりひとつだけとろろ昆布のおにぎりにする / Margaret

☆082:苔(田中ましろさん)すこしだけ怖い眼をした苔のうえふたりは湿り気を帯びていく

☆082:苔(藤崎しづくさん)にょきにょきとめばえるためのおまじない苔のダンスをみんなでみよう

☆083:邪(葉月きららさん)無邪気さも武器に変えてたあの頃と違い覚えた目を閉じること

☆084:西洋(ありくしさん)たよりない男の息吹西洋化食い止めんとて綿毛吹く吾は

☆084:西洋(匿名希望さん)太平洋ひとりぼっちと大西洋ひとりぼっちがまじわるところ

☆084:西洋(桑原憂太郎さん)バブル期が現代史となる後輩と西洋梨のタルトを喰らふ

☆085:甲(砂乃さん)手の甲にメモをするのはミスを呼ぶ 母に言われて手帳に変える

☆086:片(tafotsさん)片糸のよりそいねむる妹のうすいまなぶた 母に似ている

☆087:チャンス(三沢左右さん)チャンスとふ邦題持たる曲つひに低音弦は鳴らされざりき

☆089:喪(ややさん)あっけない母の逝きかた母らしく 母の喪服に袖とおすとき

☆091:締(nobuさん)愛されることの幸せかみ締めてコンパクトの蓋ぱちんと閉める

☆091:締(白亜さん)水道の蛇口をきゅっと締めながら転校すると告げたね、君は 

☆094:担(平和也さん)次くれば担々麺と思いつつ醤油をたのむ初めての店

☆095:樹(横雲さん)散り果てし公孫樹(いちやう)になおも風止まずはや冬の空むなしく広し

☆095:樹(はぼきさん)街路樹に番号札がつけられてそれらも街の備品だと知る

☆095:樹(黒崎立体さん)街路樹に巻きつけられた電飾がただ刺々と浮かぶまひるま

☆096:拭(北大路京介さん)E.YAZAWAタオルでシャワー後の君の身体拭くのが幸せなんだ

☆096:拭(山本左足さん)手拭いで汗をぬぐって空を見てすこし笑って仕事へもどる

☆098:激(葵の助さん)刺激的炭酸水でああわたし今モルモットなのかもしれない

☆098:激(真桜さん)激情をマイルドにするすべはないマーマレードの隠し味でも

☆098:激(由子さん)激してもわれしかいない母だから一日ひと日のわれを待ちおり

☆099:趣(アンタレスさん)床の間の趣き亡父は四季ごとに掛け軸で変え風鎮迄も

☆100:先(天鈿女聖さん)壊れちゃうくらいに好きと叫んでる 伊藤かな恵の先の先まで

☆100:先(フユさん)マネキネコダックの着ぐるみ今週は先輩がやるやっぱり上手い
[PR]
by yuaruhi | 2012-12-24 21:43 | いちばん星