鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

横雲さんの歌

題詠blog2013を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

横雲さんの百首からお気に入り七首を選んでみました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


002:甘
添ひ臥して耳に残れる甘噛みの疼ける夜は眠らずにをり

019:同じ
春の月同じ想ひに眺めかし朧に濡れて雲崩れたり

067:闇
かきくらす心の闇に墨染の袖ふる人のまぎれけるかな

070:柿
青鳥の怖るるなしに啄ばめば熟れし柿落つ秋の暮方

☆080:修
いかがせむ身の修まれる日のあるや迷ひ果なむはれぬ恋路を

086:ぼんやり
二人してぼんやり過ごす年の明け寡婦めく母の老いゆくをみる 

100:止
五月雨の止むも止まれぬ忍ぶ恋忘らるる身のよにふりぬべし
[PR]
by yuaruhi | 2013-02-28 21:10 | お気に入り