鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

有櫛由之さんの歌

題詠blog2013を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

有櫛由之さんの百首からお気に入り七首を選んでみました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


011:習
白鷺のしき降る夕べ草笛を習わなかった吹きかたでふく

☆016:仕事
静謐の仕事のあとの鴉売り ゆめのほうでは林檎うりをり

022:梨
忘られし梨の実に雀蜂ありておきをつけよといひてうなりぬ

024:妙
ひとりだけ奇妙に濡れた影をひき「それは遠く」と思ったのです

068:兄弟
南海に暴風警報 直立のペンギン兄弟ともに撫肩

093:ドア
開いてはいけない方のドアでした さきがけとして降る雪の見ゆ

097:証
ひきかへに失くした声の証にはとても小さき桃色の貝
[PR]
by yuaruhi | 2013-10-18 21:05 | お気に入り