鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

コバライチ*キコさんの歌

題詠blog2013を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

コバライチ*キコさんの百首からお気に入り七首を選んでみました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


011:習
庭先の「手習いどころ」の看板が春待ち顔で日向ぼこする

012:わずか
例えればわずか二ミリの違いさえ許しがたくて空を仰ぐ日

034:勢
低気圧の勢力増して列島を覆いしやうな今朝の目覚めは

040:誇
緋牡丹は花弁のフリルゆったりと光を集め誇らしく咲く

☆042:若
浜に干す若布のみどり陽を浴びて伸びするやうに輝いてをり

052:ダブル
母のごとダブルガーゼの柔らかきフェイスタオルに顔を埋める

078:師
「生きるひと亡きひとさえも師と仰げ」島崎春樹は祖父に書きたり
[PR]
by yuaruhi | 2013-12-08 21:29 | お気に入り