鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

芳立さんの歌

題詠blog2013を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

芳立さんの百首からお気に入り七首を選んでみました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


011:習
文机に色なき筆の墨ならで春は習はぬ恋もするかな

017:彼
身を尽くしたづねも往かむ彼の岸の光あまねく至るころかな

☆019:同じ
わが胸をつきぬけ君は八月の檜の森と同じ目の色

040:誇
誇りとは人目も寄らぬおそ春のいよいよ深き桜樹の青

056:善
丸善に近づきゆけば心臓が秒きざむなりレモン処理班

086:ぼんやり
ぼんやりとしてゐるうちに対馬より南に下がる朴槿恵ライン

090:唯
口はなほ乏しき雨にひらくかな吾唯足るを知るといふとも
[PR]
by yuaruhi | 2013-12-10 19:59 | お気に入り