鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

女郎花さんの歌

題詠blog2013を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

女郎花さんの百首からお気に入り七首を選んでみました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


002:甘
甘やかに呼ぶ声がして振り向けばゴールデンの仔が転がって来る

012:わずか
購買意欲かきたてられて人間は「残りわずか」の言葉に群れる

☆016:仕事
ひと節にふた節に力盛り上がる木挽きの山の仕事の唄は

052:ダブル
替え玉をボデイダブルと呼ぶようだ良からぬことを考えている。

054:商
春夏冬中の札が下がれる喫茶店「商い中」と分かるまで鬱

065:投
投函口の蛙あまりに可愛ゆくて瞳にみどり焼き付け帰る

079:悪
悪口をてんこ盛りして内緒ごと寿命が延びるように愉しい
[PR]
by yuaruhi | 2013-12-22 16:47 | お気に入り