鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

翔子さんの歌

題詠blog2013を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

翔子さんの百首からお気に入り七首を選んでみました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


012:わずか
梅園の向こうに光る田辺湾わずかに残る薄氷を踏む

033:夏
夏風が葉書一枚置いてゆく枯れ葉になるまで生きようか

062:氏
孫の手を引いてトコトコ初詣古く小さな氏神さまに

064:刑
美しすぎる桜並木の紅葉は女性ばかりの刑務所の前

068:兄弟
追われきて夕陽に飛び込む赤とんぼシルエットになる幼い兄弟

096:季節
黒枠のはがき舞い込む季節には裏作物の豆の花咲く

☆098:濁
濁音が少し漏れてたみっちゃんは造り酒屋に嫁いだらしい
[PR]
by yuaruhi | 2013-12-22 19:15 | お気に入り