鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

紫苑さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

紫苑さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


006:員
おほやけにせざる一首のありけるを公務員ゆゑとふひとのあり

☆036:ふわり
ふふみゐる夏のこだまを放たむと蓮のうてなのふはりとひらく

060:懲
伏せおけるきたなごころを懲らすかに身を打つ雪のふりやまずなり

066:浸
行間をあふるる水のいろ深みいましんしんとわたしを浸す

067:手帳
次はいつと小声に聞けば無造作に手帳をたぐる指さきにくし

070:しっとり
春の雨しばしふふめばしつとりと鉢土の黒いやまさりゆく

097:陽
風の手の雲をぬぐへば水底を透かしてあはき陽のさし入りぬ
[PR]
by yuaruhi | 2014-06-13 18:52 | お気に入り