鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

槐さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

槐さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


011:錆
学び舎の錆びしふらここ懐かしや漕げば廻れるたそがれの夢

☆016:捜
春深み燃え立つほどの紅を捜し当てむとこころ騒げり

027:炎
うすくこく陽炎揺れて蓮花のねぬ夜の夢は露に添ふらむ

030:噴
噴水を浴びて濡れたる身のごとくふたり光に燦めきてゐし

071:側
縁に座しふたり色なき風受けて黙せる昼の時移ろひぬ

092:勝手
逢へばまたベットの上の好き勝手その振る舞ひのいとほしきかな

099:観
開かれし一寸八分の観音を拝みて撫づや露の潤ひ
[PR]
by yuaruhi | 2015-11-01 17:40 | お気に入り