鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

大島幸子さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

大島幸子さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


032:叩
寝室のドアは叩かれわたくしは素知らぬふりで眠り続ける

036:ふわり
純潔の名を付けられて暗闇でふわりと香る真夏のリリー

056:余
余罪などありませんから蝶々の髪留め光る少女人形

☆071:側
縁側に湯呑みはふたつ 大木のキウイに登る猫を見ている

075:盆
西からの風は東に吹き抜けて底冷えがする盆地の夜だ

076:ほのか
春先の小道に落ちる藁と泥 ほのかに香る堆肥の臭い

081:網
茜さすプールサイドで目を閉じる君の背中に金網の影
[PR]
by yuaruhi | 2015-11-11 21:28 | お気に入り