鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

船坂圭之介さんの歌

題詠blog2008を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

船坂圭之介さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


025:あられ
ゆくりなく奈良へ旅する友あれば土地の名産「あられ酒」頼む

☆036:船
卵黄のあはれ黄なるを崩されて夕餉乏しき二等船室

048:凧
乾きゆく雲、風、心垂直に墜つる小さき凧(いかのぼり)一つ

051:熊
早咲きの熊谷桜芽吹きせり風ゆるやかに春を運びぬ

070:籍
のどかにも春風の吹く暖かさ書籍売り場のうつくしき人

073:寄
打ち寄する月の出潮や手招きをすれば静かに足元へ来る

092:生ひ立ち
生ひ立ちのさして華々しくもなくひとり異郷に果てなむと 吾
[PR]
by yuaruhi | 2008-04-11 23:48 | お気に入り