鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

夏椿さんの歌

題詠blog2008を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

夏椿さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


024:岸
銀杏の実のごと岸に散らばりて老ら無心に陽を集めゐつ

☆031:忍
忍の字をゆびさきに持つ心地せり線香花火の玉落つるまで

057:パジャマ
うぶすなにわれは子となり母の小言聞きつつ母のパジャマに眠る

059:ごはん
豆ごはん豆が嫌いな子の皿で豆とごはんに分解されぬ

067:葱
朝礼のごとくならびて葱ばうず五月の風に順序よく揺る

075:量
湯に入れば量の分だけ上がりくる水位よわづか5センチの生

082:研
色のなき花野のやうな癌研にわれよりわれを知る医師が笑む
[PR]
by yuaruhi | 2008-10-03 22:11 | お気に入り