鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

帯一鐘信さんの歌

題詠blog2008を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

帯一鐘信さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


007:壁
壁を這うヤモリの影が拡がった部屋で揺れてる火を吹き消せず

009:会話
寅さんを観ながら部屋で会話なくのびた蕎麦喰う猫舌の恋

037:V
Vの字に挟まれている空間であふれつづける愛撫の時間

042:鱗
切り株に腰をおろしてながめてる鱗のような雲が消えてく

051:熊
牛が突き熊が引っ掻きぼろぼろに叩かれ崩れ落ちた東証

☆058:帽
屋根裏の片隅にある蜘蛛の巣をすり抜けてゆく帽子が笑う

073:寄
足首に波が寄せれば青空は夜明けにも似たはじまりの色
[PR]
by yuaruhi | 2008-10-13 09:22 | お気に入り