鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

斉藤そよさんの歌

題詠blog2008を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

斉藤そよさんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


004:塩
塩適宜ふりかけられたお魚が話す噺の腰を折りたい

030:湯気
けんめいにこの白樺が汲み上げた水だ やさしく立ち昇る湯気

☆058:帽
そのままにしておくためにけんめいにいつかつくった帽子のへこみ

059:ごはん
まちがいがあったとやっと気づいてる ごはんが炊けるにおいのなかで

060:郎
月見草 大反魂草 女郎花 とまれとまれと揺れる黄の花
(つきみそう おおはんごんそう おみなえし)

069:呼吸
刈られたら刈られたあとのものとしてまたあたらしく呼吸する草

077:横
てんぼうがないのがいいねひたすらに横へ横へとそれるそれだけ
[PR]
by yuaruhi | 2008-10-15 21:52 | お気に入り