鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ひぐらしひなつさんの歌

題詠blog2008を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

ひぐらしひなつさんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


004:塩
いにしえの祈りのように皿に置く岩塩が午後のひかりを統べる

008:守
洗いたての膝むきだして守衛室前を駆け抜ければ赤い花

022:低
蜜蜂の低き羽音をはべらせて午睡あるいは恋のさなかを

☆060:郎
女郎花泡立つ午後を笑わなくなった姉から離れて歩く

074:銀行
笑いながらふたり銀行強盗のように駆け出す初雪のなか

084:球
キックオフ待てば聞こえる球技場めぐりの森の深い芽吹きが

095:しっぽ
投げ出したしっぽの先に触れるのを許してやわらかくたそがれる
[PR]
by yuaruhi | 2008-11-05 21:35 | お気に入り