鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

夏端月さんの歌

題詠blog2008を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

夏端月さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


017:頭
頭から食べられたくてシャンプーの香りを変える 愛してよ、春

026:基
あのひとの基盤に触れる瞬間を焦がれていたの 嗚呼、闇が来る

040:粘
かき回し粘らせるほど納豆は美味くなるって誰かが言った

057:パジャマ
あのひとに見せることすら忘れてたパジャマを一人しまう旅の後

060:郎
女子ばかり五人の我が家に貰われてきたオス猫の名は「太一郎」

086:恵
恵まれているのでしょうか結婚後一度も働きに出たことがない

☆091:渇
渇いてくあなたの夢とわたくしの想いと世界と砂漠と明日
[PR]
by yuaruhi | 2008-11-05 21:40 | お気に入り