鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

濱田花香さんの歌

題詠blog2008を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

濱田花香さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


019:豆腐
搾り布、滴滴(たらたら)落つる一丁の豆腐
           形(かく)ほど集(つ)む---刻(とき)の嵩(かさ)。

025:あられ
茶炉(さろ)の火を落とし、止動(うごず)ば単色(ものくろ)に、
                  薄陽に映ゆや---幻(まろ)、あられ灰。

042:鱗
綺羅(きら)月や 奇異(きい)、大成(おな)りに風一陣---金蒼の鱗---渡りす龍影

065:眩
被衣綿揺す間、紅(べに)や---ちら点(とも)る。
            花下(かか)、路(みち)引かれ眩耀す、一齣(ひとコマ)

077:横
田坂(たぬけ)道、
    降り酷くなる横方(よこ)吹雪---足止めの闇・・・凍女(いてめ)、立ちそな。

☆081:嵐
羊歯・苔も樹々蔓延(はびこり)し、
          湿温(しめぬく)し山息---感ず、嵐翠の中

091:渇
壁一字 猛浪(もうろう)もせず 達経(たっけい)す
                唯(ただ)卒筆(そっぴつ)の 墨渇れの愁ひ
[PR]
by yuaruhi | 2008-11-12 21:19 | お気に入り