鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年 01月 12日 ( 3 )

髯仙人さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

髯仙人さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆004:瓶
ときとして 頭の隅の 青春の 瓶詰めのジャム パンに塗ってる

040:跡
千年を 超ゆる毎年 営々と 米を作りし 田の跡にっぽん

057:県
老いてなお こころの隅に 輝けり 発明工夫の 県知事賞は

065:砲
讃州の 善通寺から 時告ぐる 号砲「どん」が 瀬戸を越え来し

068:沼
秋深し 沼のイモリは 赤き腹 抱へて冬に 眠りゆくかな

081:網
網の目を 縦にくぐれば 逃げられる それでもメダカは あはれ掬(すく)はる

097:陽
きらきらと 冬陽が 波と遊んでる 宮島行きの フェリー航く見ゆ
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-12 21:56 | お気に入り

はぼきさんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

はぼきさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


009:いずれ
この木にもいずれ花咲き実ができる詳しいことはわからないけど

039:鮭
どこにでも持って行きたい鮭と梅おむすびころころ日本の心

☆063:院
退院の荷物まとめて着替えたらなんだかとても場ちがいな人

073:谷
折り紙を山と谷とに折り進む元の平野は跡形もなし

074:焼
オムレツか目玉焼きかで争ってスクランブルの朝の食卓

083:射
プリンタで印字のたびに噴射さるピコリットルはどれほどの量

088:七
ひしゃくだと誰が最初に言ったのか夜空に浮かぶ七つの星を
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-12 21:24 | お気に入り

円さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

円さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


019:妹
「でもわたし妹だったし、やなことは誰かがやってくれるかなって」

027:炎
窓からのぜんぶがしろい炎ですこめかみだけが脈打っている

048:センター
爆音よ君はそれでも行くんだろうセンターラインの白い十字へ

064:妖
ぼくたちが車に轢かれたそのときも妖怪ウォッチは有効ですか

070:しっとり
しっとりと君を濡らした雨雲はもはや消えたとテレビが告げる

073:谷
通勤は不気味の谷を経由してヒトの顔してホームに降りる

☆078:棚
反射する海の明るさ受けとめてかはたれ時の棚田をくだる
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-12 20:59 | お気に入り