鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015年 01月 14日 ( 3 )

佐藤紀子さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

佐藤紀子さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


003:育
育児書に日光浴が推されゐしわが子育ての日々はるかなり

013:実
「実はね」と話し始める友の声受話器の中で消えさうになる

015:艶
エネルギーを内にたくはへ椿の葉四月の丘に艶々と照る

047:持
やさしさを素直に出せる少年がスーツケースを持ちてくれたり

073:谷
息子らに押し上げられるやうにして谷川岳の頂上に着く

☆090:布
久々に来る子を待ちて下ろしたる布巾なかなか水を吸はない

099:観
お互ひを理解できぬと達観し夫婦はやつと家族になりぬ
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-14 21:09 | お気に入り

佐野北斗さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

佐野北斗さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


029:スープ
神様は今日もスープをかきまぜる ウミガメの殻を積み上げながら

☆031:栗
焼き栗がはじける冬の雑踏に純粋な雪を待つパリの街

044:発
真っ青な空に一条雲はけば始発列車の扉がひらく

061:倉
霧雨の濡らす石道ふたりして無言で歩く秋の鎌倉

070:しっとり
しっとりとしめった髪に指を入れ目をとじるとき わたしはひとり

082:チェック
マフラーはタータンチェック 後ろから抱きしめたいと思う朝です

089:煽
七輪の炭火静かに煽りつつ鰯三匹待つ秋の酒
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-14 20:23 | お気に入り

原田 町さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

原田 町さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


001:咲
咲きかけの沈丁花も震えてる立春寒波にめげず詠おう

022:関東
関東の海無き県に住みなれて色濃きうどんの汁を飲みほす

041:一生
一生ものと勧められても黒貂のショール纏ってゆく場所が無い

074:焼
国産の鰻と信じスーパーに蒲焼を買う土用丑の日

076:ほのか
明けがたのほのかな夢に見えくるは幼きままの四十息子

☆090:布
端布をいろいろ集めキルテイング作らんとして数年を経つ

091:覧
長嶋の天覧試合我が家にはテレビの無くてラジオで聞きぬ
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-14 19:58 | お気に入り