鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

からっぽになってしまった我が胸を満たすがごとき十三夜月
[PR]
by yuaruhi | 2006-03-31 23:21 | 短歌

010:桜(ゆあるひ)

明日には持って行きたくない想い埋め尽くすまでに散れ桜花
[PR]
by yuaruhi | 2006-03-30 23:23 | 短歌

009:椅子(ゆあるひ)

車椅子のお客を運ぶ駅員の手際の良さに安堵を覚ゆ
[PR]
by yuaruhi | 2006-03-30 23:20 | 短歌

008:親(ゆあるひ)

父親としての振舞い分からずも父親らしき振舞いの日々
[PR]
by yuaruhi | 2006-03-30 23:17 | 短歌

007:揺(ゆあるひ)

八時間電車に揺られたどり着くここ故郷は雪のなき国
[PR]
by yuaruhi | 2006-03-30 23:14 | 短歌

006:自転車(ゆあるひ)

うれしさのあふれるままにそのままに自転車の少女風切り走る
[PR]
by yuaruhi | 2006-03-29 22:45 | 短歌

005:並(ゆあるひ)

この夏は平年並みの暑さです気休めまでのウェザーレポート
[PR]
by yuaruhi | 2006-03-29 21:50 | 短歌
午後十時過ぎには書斎として使うキッチン度々酒場となりぬ
[PR]
by yuaruhi | 2006-03-29 00:13 | 短歌

003:手紙(ゆあるひ)

末娘の綴りし手紙胸に抱き祖父は夜空の星となりたり
[PR]
by yuaruhi | 2006-03-28 20:18 | 短歌

002:指(ゆあるひ)

乳飲み子と指を比べて笑む我が子小さき者には勝てるはず無し
[PR]
by yuaruhi | 2006-03-28 20:13 | 短歌