鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

題詠blog2007は完走できなかったため2012年10月26~29日に再挑戦しました。
いないずみ。さんの七日間百首に乗ってツイッターで発表した作品です。

000:(プロローグ)  五年前走りはじめたマラソンの今年ようやくゴールをめざす

001:始  始発から終点までをだんまりと座りつづけたひとのぬくもり
002:晴  晴れの日も大雨の日も母の日も畳の下にある当たりくじ
003:屋根  山鳩が屋根にとまって飛びたてば ああ、しっくいのはがれは進む
004:限  脳みそがぐんぐん小さくなったなら命の限り生きるほかなし
005:しあわせ  解釈が違っているかもしれないが歩いていればしあわせになる
006:使  ひとときは使徒行伝にはさまれた栞であった診察カード
007:スプーン  スプーンを曲げるちからでスプーンの凸と凹とを逆にしてくれ
008:種  歯ごたえとあわい甘みに安らいでかぼちゃの種をかりかりと噛む
009:週末  おや指とひとさし指の爪と爪こすりあわせてつぶす週末
010:握  握ったら血だらけになりだれの血だだれの血だってさわぐ父親
011:すきま  かなしいね色えんぴつで色づけて欠けたピースのすきまを埋める
012:赤  そういえばあんまり見かけないですね赤い出窓に赤いカーテン
013:スポーツ  中学でそこそこ足が速かったばかりにひらくスポーツショップ
014:温  寒帯と亜寒帯と温帯と亜熱帯と熱帯がある
015:一緒  いつも一緒にいたかったとか歌うとき泣くひとは泣くうすずみの夜
016:吹  しびれるかあるいは死ぬか知らぬまま吹き矢に倒れてしまう野猿よ
017:玉ねぎ  玉ねぎは五個か六個に分けられてガレージ奥にぼんやりしてる
018:酸  あくる朝こみあげてくる胃酸にはレモンの香りはついていません
019:男  フォルダのそのまた奥のフォルダの男にはある隠したいもの
020:メトロ  まっ暗でわからないのをいいことにときにメトロは近道をする
021:競  うつせみを乗せて無料のバスはゆく競輪場から最寄の駅へ
022:記号  住みやすい家みたいだと思いつつト音記号をたどるなめくじ
023:誰  西からの風たえまなく吹いていて誰のものでもないわたりどり
024:バランス  キャクゼンキョキャクゼンキョって鳴きながら夏縁台でバランスをとる
025:化  都会へと向かう列車のなかにいて化け猫ミケは髭ととのえる
026:地図  国土地理院二万五千分の一の地図をただひたすらに買い足してゆく
027:給  てのひらにまりもまるめるひとたちの時給思えば夜は深くなる
028:カーテン  ふわふわと夜行のバスに運ばれてカーテンは布、布のにおいだ
029:国  「国民」ともののはずみに言うときの何ともいえぬ後ろめたさよ
030:いたずら  いたずらの過ぎてしまった夜のこと勝手に流れる涙は何だ
031:雪  またたくまてのひらのうえに溶けてゆく雪のかけらようなよろこび
032:ニュース  雨模様、おもてを見ればわかります。そして始まる昼のニュースは
033:太陽  太陽から次から次へと放たれる光のつぶは戻ってこない
034:配  チロルチョコひとりひとりに配られて春はのどかということもなく
035:昭和  鈴木さんどうですかって言われたら昭和の歌のページをぱらり
036:湯  白湯という選択肢なくしかたなく紅茶をたのむ女優を思う
037:片思い  片思いとか仲たがいとかかきまぜてどろんどろんのクリームソーダ
038:穴  中穴を狙いますって言うひとの元気のよさに打たれています
039:理想  手の届くところにあらゆるリモコンを置いて理想の部屋 すきま風
040:ボタン  OFFボタンぷつんと押せばこともなくあわれしずかな夜はあからさま
041:障  ぬばたまのクロオオアリはつねひごろ障害物をよけつつあるく
042:海  「珍味、珍味、珍味はいかが」と唄ってて海のにおいがすればあやしい
043:ためいき  描かれた顔ふくらんですぐさまに風船はためいきひとつを吐いた
044:寺  山寺にたぬきは集いこげ茶色ばかり減ってくアクリル絵の具
045:トマト  湯剥きして砂糖をかけて食べるのだ遠くとおくにトマトは逃げる
046:階段  階段のしたにおのずとできあがる三角形のうつろにも春
047:没  浮力とは何たるかを知る湯のなかに戦艦ヤマトを沈没させて
048:毛糸  毛糸だまを好んで食べる虫たちよこれは不味いぞアクリル毛糸
049:約  約束をしてるわけではないけれど焦燥はじわり未来からくる
050:仮面  とろとろとかわるがわるに思うこと月光仮面のメロディーふたつ
051:宙  地面からわずか百キロ上空は宇宙と聞いて思う薄紙
052:あこがれ  あこがれは虹のようですいつだって雨あがりには空をみあげる
053:爪  爪と爪こすりあわせてつぶしてる週末、週末、やがて終末
054:電車  となりあう線路を走る電車にはぎっしりのひと ホンモノなのか
055:労  聞いたってすぐに忘れてしまうから苦労話は何度も聞ける
056:タオル  世の中の太朗は惑うまちがえてTAORUと打てばタオルが出てくる
057:空気  まずはじめ空気を吐くのが深呼吸 秘伝のように先生は言う
058:鐘  チャイムにも色々あってあるときはリアルな鐘の音におどろく
059:ひらがな  電線はすべて地中に埋められてゆっくりあるくひらがなの街
060:キス  祖父母父母兄姉弟妹がかたまりながら見るキスシーン
061:論  結論が先、結論が先、と教えられ後輩に言う、結論が先
062:乾杯  だらしなくなった口許さらしつつあらためて乾杯 あとは忘れた
063:浜  浜松と宇都宮の熱き闘いよそれはそれとして王将餃子
064:ピアノ  文学はピアノを溶かし映像はピアノを燃やす 立ちつくすのみ
065:大阪  淀川を越えてようやく大阪という心地して電車はすべる
066:切  別れたら再び会うということはなくて切り取り線は破線だ
067:夕立  夕立ちは土のにおいを立ちあげて千年なんてあっという間だ
068:杉  家々の壁にうずまる杉木立ちほほえみかけているかもしれず
069:卒業  完璧なスピンターンの生徒らに卒業証書は授与されてゆく
070:神  腹いっぱいにならなくたって夜ならば神社の森にからすは帰る
071:鉄  鉄さびもリアルに再現されていてアニメーションの背景よろし
072:リモコン  リモコンのボタンの配置に怒るのは、そう、少しだけ酔ってるからだ
073:像  おぼろげに像をむすんでいるところ眠くなったら眠ってしまえ
074:英語  しかたなく読む取説の英語から立ちあがりくる韻律もある
075:鳥  わたり鳥、かも、かも、という駄洒落さえ哀しくなってくる流行歌
076:まぶた  音だけは仕方がなくて殺りくはまぶたの向こうで動きはじめる
077:写真  写真には念のため見る裏があり斜めに走る文字やるせなし
078:経  そらんじる般若心経意味なんてどーでもいーんじゃないかと思う
079:塔  あいうえお積み木の素材はブナだった塔をくずして城をつくった
080:富士  表富士周遊道路は明るくてスバルラインはキラキラさやぐ
081:露  朝露をくわえこんでるスギナの葉けっとばしたら星空だった
082:サイレン  サイレンがいきなりとまるまっぴるま芋虫たちはざわんとさわぐ
083:筒  竹筒に納まっているようかんは苦しいですか嬉しいですか
084:退屈  利根川に退屈という魚いて流れのままに大海へゆく
085:きざし  いつのまにか芽を出していた浜木綿に春のきざしを感じているぞ
086:石  海岸でひろった石に色を塗りしばらくしたら庭へとなげる
087:テープ  マスキングテープをはがすマスキングテープに付いた塗料とともに
088:暗  まっ暗な箱から星を取り出してちょうど良さげな空間に置く
089:こころ  床があり壁がありそして屋根があり窓と扉をもとめるこころ
090:質問  質問に答えられずにそのままに十年ほどを立ちつくす鳥
091:命  青い海夜になったら黒い海オレンジ色の救命胴衣
092:ホテル  側面にちいさな虹は描かれてホテルの窓からは見えにくい
093:祝  縁石にふたり座ってバスを待つ缶コーヒーで祝う一勝
094:社会  缶コーヒーばかりならんだ自販機が理想社会の果てに立ってる
095:裏  誕生日それは製造年月日 缶コーヒーの缶の裏がわ
096:模様  みずいろの水玉模様(カッキテキ)缶コーヒーに水玉模様
097:話  あったかい缶コーヒーを飲みながら御先祖様の話をしよう
098:ベッド  缶コーヒーと温州みかんと文庫本がベッドサイドにあればしあわせ
099:茶  このごろは好んで飲んでいるのです紅茶まじりの缶コーヒーを
100:終  さりげなく天にむかって傾けて缶コーヒーを終わらせましょう

101:(エピローグ)  五年前走りはじめたマラソンのゴール迎えて飲む缶コーヒー

    おまけ
  
088:(暗を膳に空目)  仏壇のエリアは窒息寸前で膳に盛られたそば乾いてる
093:(祝を視に空目)  缶コーヒーに描かれているおじさんの視線の先にある夏みかん
[PR]
by yuaruhi | 2007-08-02 21:33 | 短歌まとめ

題詠blog2007まとめ

題詠blog2007で詠んだ歌をまとめてみました。(未完走)


参加表明  走ります息が切れたら休みます景色楽しみながらゆっくり
参加表明  故あってブログネームを変えました参加表明ここに新たに(ゆあるひ改め夏実麦太朗です。よろしく。)
  
001:始  五を消して六を書き込む始まりは不安が三で期待が七で
002:晴  晴れの日も雨の日もあるつないだ手離さないよう離れないよう
003:屋根  生まれくる前の感覚なのかなあ屋根裏部屋が好きなんだよね
004:限  踏ん切りを付けられなくて明日もまた今日限りって言うんだろうな
005:しあわせ  これということはなんにもなしの日日あるいはそんなしあわせもいい
006:使  捨てられなくなってしまった使い込むほどにいい味出してきやがる
007:スプーン  角砂糖ティースプーンに二個乗せるまったりしたい甘口の午後
008:種  土のちから水のやさしさ受けとめて種は決意の時を迎える
009:週末  週末に思いはせてた木曜日しがみついてる今日日曜日
010:握  二百円握って角の駄菓子屋へ次の水曜晴れるといいね
011:すきま  テトリスで良かったすきまが埋まらずに岩に埋もれてしまう運命
012:赤  離れてもつながっているいつまでも母さんの手と赤ちゃんの手と
013:スポーツ  とりたてて趣味は無いのでスポーツを見るのが好きと言うことにする
014:温  加速つけ進む地球温暖化厳しい現実楽観の日々
015:一緒  えも言われぬ親近感のようなもの生まれた月日一緒だったり
016:吹  吹く風にまかせればいい大丈夫あたまに綿毛ついているから
017:玉ねぎ  生きてると色んなことがあるものさ細かく刻みすぎた玉ねぎ
018:酸  燃焼は激しい酸化炎色は元素特有野焼き見ている
019:男  転んでも泣くのを我慢できた日は覚えているよ男の子だった
020:メトロ  心地良しメトロノームで刻む音心拍数に合わせてみたり
021:競  走ること許されなくて急かされて競歩みたいでああもういいよ
022:記号  暖かく眠たい午後の一限目記号めく文字ゆらぐ罫線
023:誰  この空を君にあげると言ってみた誰のものでもない空だから
024:バランス  月曜日朝雨微熱行きたくは無いけれど行くそんなバランス
025:化  時々は優しい顔も見せたよね化けて出られずただ見守っている
026:地図  地図を見る助手席の妻に怒られる勘で進むとまた怒られる
027:給  小遣いを貰うこの日を待ちわびる月給取りとなりし今でも
028:カーテン  一秒と狂わぬ時計もあるけれどカーテンを引けば夜が始まる
029:国  誰も見たことはないはずの天国どうぞ勝手に憧れちゃえば
030:いたずら  風紋はいたずら風の仕業だと分かってるけどまた見に来てる
031:雪  各々が好みのアイスを食べている表の雪は止みそうに無い
032:ニュース  お人好しでおっちょこちょいなこそ泥がニュースの主役になって欲しいな
033:太陽  太陽系地球日本云々と宛名書きたき年頃ぞ有り
034:配  昼休み無人の会議テーブルに役職順に資料を配る
035:昭和  錆び付いた手押しポンプをのぞき込む昭和のかけらを捜してしまう
036:湯  焼酎を注いだ後に湯を注ぐ逆の手順は考えにくい
037:片思い  今までもそしてもちろんこれからも片思いって続くんだよね
038:穴  鰻より穴子の方が塩辛い食べてみなけりゃワカラナイのに
039:理想  現実という名の杭につながれて這うようにして理想へと向かう
040:ボタン  やり直し出来ないことも無いけれど掛け間違えた始めのボタン
041:障  ふうちゃんは障子の向こう見つけるのもう少しだけ待ってあげよう
042:海  海を見に行きたいなんて言ってみた寂しい振りがバレバレですね
043:ためいき  大丈夫?なんて問われて平気だよ!なんて答えてためいきをつく
044:寺  山裾の無住の寺の片隅に地蔵尊立つ前垂れ赤く
045:トマト  となり畝のイチゴの赤に負けまいとトマトは実る今日はや真夏日
046:階段  欲望という名の階段登りたい様な気もするそうでない気も
047:没  我が内に埋没している何ものかを掘る道具さえ見つけられない
048:毛糸  あやとりは赤い毛糸に限ります絡まることを前提として
049:約  妻喋る枝葉花まで付けながら要約すれば一言で済む
050:仮面  とりあえず今を何とかする為に仮面の上に仮面を付ける
051:宙  マシュマロでプールを満たし宙返り本当の夢はそんなものです
052:あこがれ  晴れならば日がな行き交う飛行機を眺めていたいそんなあこがれ
053:爪  妻も子も出かけて一人面白いテレビも無くて雨爪を切る
054:電車  この溝は路面電車のレール跡目を細め父どこか得意げ
055:労  労働の後の一杯美味かりしこの一杯の為の一日
056:タオル  幼き娘タオルケットを蹴り飛ばし敷布団をもはみ出して朝
057:空気  原因は肩でも腰でも目でもなく空気を読むのに疲れ果ててる
058:鐘  鐘楼は夕日と重ねて見ていたい影絵の如き紅と黒
059:ひらがな  ひらがなで話しかけてるおばあちゃん漢字もたくさん書けるんだよ
060:キス  森の木のエキスを吸ってカブト虫丸々として堂々として
061:論  結論を急ぎ過ぎてるわかってるわかってるけど急ごうとする
[PR]
by yuaruhi | 2007-08-01 23:50 | 短歌まとめ