鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

月下  桜さんの歌

題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

月下  桜さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


009:菜
菜の花の記憶のかけらをひろったり夢の香りをかいだりしたの

023:魂
魂は相撲をとっているらしくびしょ濡れになって夜中目覚める

032:苦
渋いより苦いくらいの日本茶が炬燵とみかんにお似合いなのだ

053:ぽかん
ぽんかんをぽかんとたたく戯れにふたり一緒にあははと笑う

060:漫画
漫画では「嫌な奴」と言うセリフあるけど実際言ったことない

089:泡
泡立てるシャンプー洗い流す時恐怖感じる何出てくるや

☆095:黒
黒髪の人々交差する国はなんだかとても無防備になる
[PR]
by yuaruhi | 2010-03-28 17:11 | お気に入り

シホさんの歌

題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

シホさんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


010:かけら
不純な 動機の中に ひとかけら 真心があり それなんなのさ

012:穏
変わりなく 朝陽が昇り 陽が沈む 平穏な日が 続く幸せ

☆034:孫
クラス会 行かないと言う 母の理由 孫の話で 盛り上がるから

039:怠
たまにはさ 怠けてみたら いいのにね 頑張りすぎる 君が心配

064:ふたご
とびきりに 愛想がよくて 移り気で 人気の的の ふたご座の君

076:スーパー
スーパーの タイムバーゲン 間に合うか 仕事帰りに 満月ぽかり

091:旅
ここにいて 何を待つのか 旅人は 誰を待つのか 錆色の空
[PR]
by yuaruhi | 2010-03-28 12:00 | お気に入り

髭彦さんの歌

題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

髭彦さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆004:疑
疑ふと信ずることの間をば歩みて行かむ六十路の旅も

033:みかん
箱買ひのみかんを食みて指先の黄色くなりし冬のありたり

042:学者
学者にはつひにならねど時としてからかはれたり学者ですねと

060:漫画
漫画家の殿堂あらばまづもつて鳥羽僧正と北斎入らむ

070:白衣
駅前で義足義手つけひざまづく白衣のひとに児らは怯えき

086:水たまり
その辺の水たまりにもアメンボの泳ぎをりけり雨の上がれば

095:黒
赤腹も白腹もゐて黒腹はをらぬのをかし鳥の世界に
[PR]
by yuaruhi | 2010-03-28 11:38 | お気に入り

アンタレスさんの歌

題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

アンタレスさんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


026:丸
丸き背を更に丸めて老い二人何を希うか選挙に急ぐ

034:孫
来る筈の孫の来ずして買いおきし節分の豆声ひそめまく

037:奥
奥深き歌の心を知りたれば軽ろき歌にも真意をさがす

041:鉛
不自由になりてペンの持てずして鉛筆尖らせ立てて楽しむ

064:ふたご
何となく得した様な気持ち有り卵を割りて黄味のふたごは

☆080:夜
ふつふつと娘等に書きおく事湧きて夜半に起き出で文書き綴る

085:訛
一年を東北に住み年嵩の訛分らず笑み交わすのみ
[PR]
by yuaruhi | 2010-03-27 18:50 | お気に入り

みずきさんの歌

題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

みずきさんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


003:公園
公園に残る悲しび揺れ通す 昨夜(きそ)は真白き春のふらここ

028:陰
木陰から携帯の鳴る夕暮れはきつと拒絶と遠く思へり

048:来世
愛の嘘のこし来世へ旅立ちし人へ手向けん刺ある緋薔薇

050:虹
色のなき虹の幻影わたくしの世界にありて彩をつけゆく

063:仏
冬ざれの野に石仏のほのと座すしぐれて光る柔きひとみよ

☆072:コップ
泡立ちしコップの底ひ透明と薔薇交叉して女優去りゆく

083:孤独
薄ら氷(ひ)を踏みて孤独が悲鳴あぐ 師走の街はいま真つ盛り
[PR]
by yuaruhi | 2010-03-27 17:45 | お気に入り

西中眞二郎さんの歌

題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。

西中眞二郎さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


022:カレンダー
カレンダーめくれば三月花ありて花の向こうに女が立ちぬ

028:陰
一瞬の陰りと見れば高速路を巨きトラック走りて行けり

☆059:病
ニュースすべて異次元として病室のベッドにわれはまどろみており

076:スーパー
我が町のランドマークのスーパーが近づき長き散歩が終わる

084:千
千歳飴提げし子が行く狭き道今日は降らずに済みそうな昼

091:旅
本郷の古き旅館に灯の点きて客あるらしく笑い声する

098:腕
腕時計外して経の横に置き僧おもむろに読経を始む
[PR]
by yuaruhi | 2010-03-27 17:19 | お気に入り