鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こはぎさんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

こはぎさんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


001:初
膝頭ふれた初めてのあの夜の震えるキスからやり直そうよ

☆003:細
細やかな気遣いが減る二年目の君がますます愛おしくなる

017:失
手の中で失われていくその光 届かないままでいればよかった

028:説
やわらかな説得は雨に流されて君はまた眠る脆すぎる殻

042:至
朝陽差すカーテン 隣に眠る君 至った経緯を問うても良いか

051:漕
自転車を漕ぐ君の背はやわらかな磁石のようだ「ぎゅっとしていい?」

063:丈
膝上の慣れない丈を気にしつつ君を笑顔にしたいスカート
[PR]
by yuaruhi | 2011-03-31 21:54 | お気に入り

三沢左右さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

三沢左右さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


022:でたらめ
二十四のでたらめを言う僕の目は君の真実だけを見ている

☆023:蜂
花めづる蜜蜂ひとつ飛び立てり うららけき日にいざ春よ来よ

031:電
電柱の影に爪先踏み入れて隣の国にひとり渡ろう

040:伝
真夏の夜マナーモードの携帯に明るい声で残る伝言

060:直
真西から太陽は差し 直角に縁取る几帳面なビル影

064:おやつ
恋人が信じられない夜ならばおやつの甘さだけを信じる

065:羽
ばつばつとかたく羽虫がその顔を打ちつけている薄いガラス戸
[PR]
by yuaruhi | 2011-03-31 21:21 | お気に入り

船坂圭之介さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

船坂圭之介さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


006:困
チエロ・ソナタそのあかがねの輝きに酔ひぬかすかな困惑を胸に

☆027:水
清明であるが佳きかな 飲む水に近き無銘の一刀に酔ふ

056:摘
こころ深く鎮めて居りぬ恋ひとつあるいは摘出不能の癌腫

082:万
万巻の書に埋まりて眠りたし死とは無限の夢とこそ知れ

085:フルーツ
ひとり居の夜に漂ふフルーツの香にしばらくはひとり酔ひ居り

090:そもそも
この歌はそもそも何を詠みたるか名立たる人の名歌に惑ふ

099:惑
春昏るる茜あざやか浮かび来る詩片ひとひら惑ひつつ詠む
[PR]
by yuaruhi | 2011-03-31 20:46 | お気に入り

飯田彩乃さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

飯田彩乃さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


047:態
例文のすべてを受動態にしてわたしの明日の予習は終わり

060:直
喩ふれば異様に長き斜辺持つ直角二等辺三角形

070:介
うつくしき他者の介在 なだらかな腹に手を添へ微睡む姉は

☆077:狂
わたつみの軛(くびき)を捨てて浜に立てば狂へる母とすれ違ひたり

083:溝
兄恋はば日本海溝ひび割れて ああ悲しみの念力少女

092:念
妹を想えば地球欠けてゆき ああ慟哭の念力少年

100:完
完璧なプリンを食べるささやかな月の光に震えるような
[PR]
by yuaruhi | 2011-03-25 00:02 | お気に入り

南野耕平さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

南野耕平さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


011:ゲーム
ノーサイドの笛が高らかに吹かれ初めて知ったゲームだったと

☆031:電
もう少しするとわたしは眠るから誰か電気を消してください

056:摘
指摘していただいたのは有り難いけれどわたしも気がついている

079:雑
猥雑な街にわずかに呼応するわたしの中にある猥と雑

080:結婚
結婚を語れるほどに回数をこなせないのも人生である

099:惑
迷惑にならないようにひっそりと咲いたのですが見に来て欲しい

100:完
完璧にやったはずだと確かめに戻ったことが唯一の落ち度
[PR]
by yuaruhi | 2011-03-24 23:58 | お気に入り

みずきさんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

みずきさんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


004:まさか
敗戦をまさかと思ひし遠き日と同じ空なる八月の青

☆031:電
電飾の点る季節の端にゐてナショナリズムをふと思ひをり

046:奏
CDの奏づる「愛の喜び」に少年は酔ひ少女は眠る

052:芯
菜の芯のレシピをどうぞ真つ白な春の器に檸檬を搾る

078:卵
卵抱く燕は駅舎の天井にけふも去年も四月を棲みぬ

085:フルーツ
フルーツを乱切りにして角ごとの秋を味はふ一人の夜は

100:完
完璧に活けたる菊の寂しさを秋思と思ひつ歌集捲りぬ
[PR]
by yuaruhi | 2011-03-23 21:20 | お気に入り

西中眞二郎さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

西中眞二郎さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


020:幻
正月はいつもと違う日なるとの幻想未だ持ちて過ごしぬ

021:洗
蒸し暑き梅雨の晴れ間の午後の道洗い物干す人と目が合う

054:丼
縁日で買いし丼 朝の陽の光受ければ青磁に似たる

060:直
来たのかと思えば回送電車にてホームの椅子に坐り直しぬ

☆074:刃
立ち並ぶ高層ビルの稜線が刃のごとく蒼天を切る

085:フルーツ
無精ひげ生やした男が黙々とフルーツポンチを食べいる茶房

092:念
とりどりの記念切手を貼り合わせ昨日の礼の手紙を出しぬ
[PR]
by yuaruhi | 2011-03-23 20:15 | お気に入り

tafotsさんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

tafotsさんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


009:寒
耐火性耐寒耐暑耐震にすぐれた家の増えてゆく街

☆010:駆
ミニ四駆つくったことも無いくせに子ども心が分かるって顔

017:失
去年から『ZERO』の下巻を見ていない 失くしたものに満ちている部屋

028:説
一回も開かなかった説明書を機種変更してまだ持っている

037:ポーズ
妹は5歳わたしは6歳の写真がすべて可愛いポーズ

052:芯
角砂糖積み込まれてた空き瓶を芯につくった四角い仔犬

081:配
義理チョコを配り終わった妹と薄い紅茶を飲んだ夕方
[PR]
by yuaruhi | 2011-03-06 15:10 | お気に入り