鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おおみはじめさんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

おおみはじめさんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆018:準備
準備中二十年目も準備中三十年目誰も見てない

020:幻
幻をかたる金融詩人らがあまた集へるニューヨークかな

029:公式
公式がそのまま短歌になりそうな数学という芸術がある

061:有無
てんてんの有無で発音変わるけどあれはなんだと問うウムラウト

067:励
励ましの言葉がなべて自慢げに聞こえるという末期症状

076:ツリー
今さらに使いこなしてみたくなるメモリーツリーとマインドマップ

094:裂
縦に裂く袋のポテトチップスが男の部屋に置き去りにされ
[PR]
by yuaruhi | 2011-05-26 19:34 | お気に入り

足知さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

足知さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


032:町
意味もなく歩いてみたりしてんねんキリン、あなたの住んでた町を

☆038:抱
抱き合えばいつもピアスの片方が消えてあなたに流れ出す冬

048:束
後ろ手にあなたは髪を束ねつつ夜の気配を綺麗に消した

067:励
励ましてばかりのあなた南風ばかりの春にくしゃみをしてる

073:自然
あなたから自然に吹いてくる風にゆっくり背中押されて歩く

081:配
心配性のキリンの首は長くなりあなたはいつも傷付くばかり

095:遠慮
遠慮なく動き回っている舌にあなたの荒れた海を感じる
[PR]
by yuaruhi | 2011-05-22 11:21 | お気に入り

行方祐美さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

行方祐美さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


012:堅
堅梨の切り口つつとひかりゐて雪のなき朝しろく明るし

☆020:幻
ゆめ幻のやうな匂ひに包まれよ朝の五時の霞む浴室

033:奇跡
ゆるやかな奇跡のなかに生きてをりあなたもわれもこの菜の花も

044:護
聖護院の大根ふつとり盛りをれば右ポケットに帰るよメール

060:直
沓直鳥の鳴き音じぐざぐ渡り来てグラスの緑茶清めよ歌へよ

083:溝
溝萩のべにむらさきになりなさいこなごなの声遠くに聞きつ

085:フルーツ
綱いつぽんに命をかけて踊る女ルナ・レガーロのフルーツである
[PR]
by yuaruhi | 2011-05-15 14:43 | お気に入り

はこべさんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

はこべさんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


014:残
残り葉が風にゆれおる公園に立ち止まりおれば木枯らし聞こゆ

☆016:絹
お豆腐は「絹が好きですか」から始まった その会話には後日談あり

023:蜂
団欒に蜂が一匹飛び込みぬすべて中断子らは泣き出し

027:水
夕暮れの涌水池に風吹いて木の葉の小舟水面を進む

045:幼稚
遠くから幼稚園児の声きこえ小春日和のベランダに佇つ

067:励
励まされリハビリ続け4週間母は退院の日を数えおる

097:毎
姨捨の田毎の月を眺めんと更科山に明日は登らん
[PR]
by yuaruhi | 2011-05-15 13:55 | お気に入り

畠山拓郎さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

畠山拓郎さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


031:電
欲しいのは少しの勇気と約束と君と繋がる携帯電話

☆038:抱
抱きしめてしまいたい気がするけれど見えない壁がいくつも並ぶ

050:酒
日本酒をたっぷり飲んで松川で花見をしたい頃もあったな

053:なう
君のことうしなうことが怖いからお腹すいたをスルーしている

070:介
介助され苺を食べる夕まぐれキスしてくれと頼んでおりぬ

071:謡
球場が六甲おろしを謡うときはるばる来たとビールが旨い

083:溝
お互いの溝など未だ意識せぬ歴史の浅い想いのゆくへ
[PR]
by yuaruhi | 2011-05-06 20:17 | お気に入り