鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

梅田啓子さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

梅田啓子さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


001:初
初めてにあの世に行くも悪くない黒柳徹子の言えば頷く

042:至
「至らない子ですがきちんとする子です」うつむく娘の手になみだ落つ

046:奏
ハーモニカの前奏ありて歌いだす<ふるさと>のうた いかに聴くらむ

050:酒
うそうそと厨に父のうごく見ゆ春のゆうぐれ酒かいに行かな

051:漕
ぐったりと背にもたれくる子の熱く急ぎ自転車漕ぎおり 夢に

☆080:結婚
三度目の結婚月を迎えたる娘におくる取れたてジャガ芋

081:配
いつまでも眠りのツボが捉めないバイクの気配に寝返りをうつ
[PR]
by yuaruhi | 2011-07-24 18:00 | お気に入り

津野さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

津野さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


001:初
初めてのひとを鏡に写し取る人さし指をきゅきゅんと鳴らして

006:困
「困らせるつもりはないの」と言うくちが残り時間の砂を数える

011:ゲーム
画面閉じゲームを終えて逢いにゆく抱きしめられれば痛い世界に

025:ミステリー
ミステリーを開いたままでうたた寝す至福の刻をどうか父にも

033:奇跡
銀色の舟で漕ぎ出す海原であなたの手紙を掬った奇跡

079:雑
雑兵が最期を遂げたこの丘で昼寝のきみの額には汗

☆085:フルーツ
籠盛りのフルーツの色は鮮やかに白き部屋には白きカーテン
[PR]
by yuaruhi | 2011-07-24 17:18 | お気に入り

吾妻誠一さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

吾妻誠一さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


019:層
高層へエレベーターで昇る間に 黄砂包みて一色宇宙

028:説
やっかいな吾を扱う説明書 索引付して電子化希望

039:庭
幼き日遊んだ庭は道となり 金魚の墓にアスファルトの蓋

065:羽
金の無い給料前もお前とは 羽つき餃子でビールがうまい

074:刃
シェーバーの型番のメモ取り出して替刃を探す閉店間際

☆082:万
万札を出張前夜差し出して「恥かくな」と言う父思い出す

098:味
チャリンコで正義の味方あらわれる とどめの合図だ五時のサイレン
[PR]
by yuaruhi | 2011-07-24 16:55 | お気に入り

ミウラウミさんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

ミウラウミさんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


011:ゲーム
ただ背中をぶん殴るゲームに燃えている夏の補習よさっさと終われ

013:故
友人が故人になった日のことを忘れるために傘を盗んだ

☆033:奇跡
上靴がバスケットゴールに入る奇跡 木村の告白と同時に起こる

046:奏
放課後にピアノ演奏する君の指先の黒鍵になりたくている

072:汚
白墨の汚れがとれず水拭きで黒板をふく 虹のあとつく

079:雑
雑巾をかぎりなく固くしぼりあげてリボンの形にかわかしている

084:総
総勢672人の生徒たちの死体置き場のような下駄箱
[PR]
by yuaruhi | 2011-07-10 22:50 | お気に入り

水風抱月さんの歌

題詠blog2011を走り終えた皆様の歌からお気に入りを選んでいます。

水風抱月さんの百首歌のなかからお気に入りを七首選んでみました。
☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。


002:幸
一人居て明くるを待ちつきみ想う夜の幸福を君は知るまじ

006:困
きみはまた途方に暮れた顔をして困惑ばかり見せつけてゆく

013:故
わたくしの夢にあなたはいつだって佇んでいます 何故、とも問わず

032:町
てのひらの内に息づく町がある 涙も笑顔も、きらめいて ほら

☆041:さっぱり
倖せが僕にはさっぱり見えなくてそれでも君の恋になりたい

070:介
わたくしときみの間に横たわる 音 風 ひかり 空の介在

085:フルーツ
湯上がりのフルーツ牛乳懐かしき昭和の影が未だ生きている
[PR]
by yuaruhi | 2011-07-01 21:02 | お気に入り