鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

佐藤紀子さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

佐藤紀子さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


003:育
育児書に日光浴が推されゐしわが子育ての日々はるかなり

013:実
「実はね」と話し始める友の声受話器の中で消えさうになる

015:艶
エネルギーを内にたくはへ椿の葉四月の丘に艶々と照る

047:持
やさしさを素直に出せる少年がスーツケースを持ちてくれたり

073:谷
息子らに押し上げられるやうにして谷川岳の頂上に着く

☆090:布
久々に来る子を待ちて下ろしたる布巾なかなか水を吸はない

099:観
お互ひを理解できぬと達観し夫婦はやつと家族になりぬ
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-14 21:09 | お気に入り

佐野北斗さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

佐野北斗さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


029:スープ
神様は今日もスープをかきまぜる ウミガメの殻を積み上げながら

☆031:栗
焼き栗がはじける冬の雑踏に純粋な雪を待つパリの街

044:発
真っ青な空に一条雲はけば始発列車の扉がひらく

061:倉
霧雨の濡らす石道ふたりして無言で歩く秋の鎌倉

070:しっとり
しっとりとしめった髪に指を入れ目をとじるとき わたしはひとり

082:チェック
マフラーはタータンチェック 後ろから抱きしめたいと思う朝です

089:煽
七輪の炭火静かに煽りつつ鰯三匹待つ秋の酒
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-14 20:23 | お気に入り

原田 町さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

原田 町さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


001:咲
咲きかけの沈丁花も震えてる立春寒波にめげず詠おう

022:関東
関東の海無き県に住みなれて色濃きうどんの汁を飲みほす

041:一生
一生ものと勧められても黒貂のショール纏ってゆく場所が無い

074:焼
国産の鰻と信じスーパーに蒲焼を買う土用丑の日

076:ほのか
明けがたのほのかな夢に見えくるは幼きままの四十息子

☆090:布
端布をいろいろ集めキルテイング作らんとして数年を経つ

091:覧
長嶋の天覧試合我が家にはテレビの無くてラジオで聞きぬ
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-14 19:58 | お気に入り

周凍さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

周凍さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


006:員
うたかたのうたてはかなき三つ瀬川員(いん)に備ふる人ならなくに

008:原
わたの原かけてただよふひがことやうちよす汀の魚(いを)のなきがら

019:妹
こぼるらむおもひいでては花と咲く妹がかたみの庭の春かな

040:跡
"身の後の木の葉に色をおく露の跡をたづねよ有明の月
"

053:藍
月草の色をうつせるおもひかなあせぬもかなし藍染めの衣

067:手帳
をりはへて誰がためにや輪廻せる終の手帳の水茎の跡

☆074:焼
空蝉と知りて見る夢なほかなし身を焼きつくす火にこがれつつ
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-13 21:36 | お気に入り

@貴さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

@貴さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆028:塗
遺品整理のみのひとひよ輪郭のしかと描かれし塗り絵をもらふ

029:スープ
たれからも善く想はれてゐたき夜のセロリスープのひとくちの沁む

030:噴
ゆきちがふ恋かもしれぬ噴水の飛沫(しぶき)ひとすぢ翻りけり

055:芸術
散るさくら散らぬ櫻のはなびらのあはひを芸術大生の往く

064:妖
緑陰の窓にあこがれ妖精を、否々バウムクーヘンをはむ

080:議
はつ恋はあはせ鏡の春といふ七不思議ゆゑわけあひませう

081:網
網膜の剥がるるやうに逝く夏の追ひかけて追ひかけて白球
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-13 20:34 | お気に入り

谷口みなまさんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

谷口みなまさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


002:飲
カルピスをひとくち飲んでかきまわす氷の音が半音あがる

004:瓶
煮沸して湯よりひきあげし瓶の肌たちまちかわき鈍く光れり

045:桑
カラオケであなたがいつも歌ってた桑田佳祐は歌い続ける

046:賛
あなたとの最後の夜にハミングでうたいつづけた愛の賛歌を

054:照
例年の半分以下の日照ですテレビが言ってサラダバーに居る

☆062:ショー
水槽とみまごうガラスのショールームアルファ・ロメオの赤色潤む

070:しっとり
霧の朝しっとりなじむ髪に触れ水の惑星だねと言いしきみ
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-13 19:44 | お気に入り

髯仙人さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

髯仙人さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆004:瓶
ときとして 頭の隅の 青春の 瓶詰めのジャム パンに塗ってる

040:跡
千年を 超ゆる毎年 営々と 米を作りし 田の跡にっぽん

057:県
老いてなお こころの隅に 輝けり 発明工夫の 県知事賞は

065:砲
讃州の 善通寺から 時告ぐる 号砲「どん」が 瀬戸を越え来し

068:沼
秋深し 沼のイモリは 赤き腹 抱へて冬に 眠りゆくかな

081:網
網の目を 縦にくぐれば 逃げられる それでもメダカは あはれ掬(すく)はる

097:陽
きらきらと 冬陽が 波と遊んでる 宮島行きの フェリー航く見ゆ
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-12 21:56 | お気に入り

はぼきさんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

はぼきさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


009:いずれ
この木にもいずれ花咲き実ができる詳しいことはわからないけど

039:鮭
どこにでも持って行きたい鮭と梅おむすびころころ日本の心

☆063:院
退院の荷物まとめて着替えたらなんだかとても場ちがいな人

073:谷
折り紙を山と谷とに折り進む元の平野は跡形もなし

074:焼
オムレツか目玉焼きかで争ってスクランブルの朝の食卓

083:射
プリンタで印字のたびに噴射さるピコリットルはどれほどの量

088:七
ひしゃくだと誰が最初に言ったのか夜空に浮かぶ七つの星を
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-12 21:24 | お気に入り

円さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

円さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


019:妹
「でもわたし妹だったし、やなことは誰かがやってくれるかなって」

027:炎
窓からのぜんぶがしろい炎ですこめかみだけが脈打っている

048:センター
爆音よ君はそれでも行くんだろうセンターラインの白い十字へ

064:妖
ぼくたちが車に轢かれたそのときも妖怪ウォッチは有効ですか

070:しっとり
しっとりと君を濡らした雨雲はもはや消えたとテレビが告げる

073:谷
通勤は不気味の谷を経由してヒトの顔してホームに降りる

☆078:棚
反射する海の明るさ受けとめてかはたれ時の棚田をくだる
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-12 20:59 | お気に入り

中村成志さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

中村成志さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆007:快
雪の日は土曜日が良く寝床から快速線の過ぎる音聞く

019:妹
いっせいに指輪をつぶし投げ上げる妹たちの満ちる空間

029:スープ
花冷やす光を受けて海亀のスープとことん透きとおりゆく

057:県
直線に慰められることもある県道203号北へ

075:盆
皹割れの目立つ小道よあじさいも新盆までの花と思えば

076:ほのか
あじさいの辺りほのかに照らされて雨が葉をつく葉が毬をつく

093:印
八月の声上手すぎるうぐいすよ印鑑証明コンビニで取る
[PR]
by yuaruhi | 2015-01-06 21:22 | お気に入り