鈴木麦太朗/題詠blog用


by yuaruhi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

三沢左右さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

三沢左右さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆002:飲
飲み干せば身ぬちの針を巻き込みて喉を転がるジンジャーエール

012:延
指先に延長コードくるくるとどちらが頭でどちらが尻尾

030:噴
通勤のバスより見ゆる噴水の風に崩るる形なつかし

048:センター
舞ふ雪の白少年の赤き耳センター試験の朝のバス停

062:ショー
ほつれ毛のすぢ金いろにきららかせショートカットの人うつむきぬ

063:院
地下に入り西院駅を行き過ぎる幽霊電車桃を運び来

094:雇
セーターの袖口を縫ふ妖精を雇はんと思ひて心を清む
[PR]
# by yuaruhi | 2015-11-01 17:05 | お気に入り

海さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

海さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


017:サービス
あまちゃんを見せてあげると強引にビデオをつける父のサービス

034:由
こんなにもそばまで来たよ背中って初めて見たよ自由の女神

056:余
五行だけしぶしぶ書いた作文の余白がぼくのなつやすみです

☆071:側
スクランブル交差点にて側転で対角線上へと突き進む

080:議
地下鉄が急遽不通で地底から這い出し国会議事堂前なう

090:布
一回も履かれなかった布おむつは雑巾として働いてます

099:観
一輪も咲かずに枯れたアサガオの観察日記の緑と茶色
[PR]
# by yuaruhi | 2015-11-01 16:45 | お気に入り

mikiさんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

mikiさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆003:育
逞しく育ちゆく孫 眩しくも / 我れ髪白く また白くなり

027:炎
じっと耐え 出るに出られぬ炎天下 / 家に缶詰エアコン頼り

031:栗
腕白の 心に宿る正義感 / いが栗頭の 昔懐かし

047:持
如何にせん この集中力持続力 / 年々歳々影を落として

074:焼
掻き分けて焼き芋探す どんど焼き / 声湧き上がる ほくほくの子等

083:射
眼を見張る 池に映りし白鷺の / 光り輝く秋の陽射しに

093:印
印象派解らぬままに強烈に / 脳裏に刻まる 映像の如
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-31 21:41 | お気に入り

廣珍堂さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

廣珍堂さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


008:原
冠をシロツメクサで編んでいた原っぱに立つ小さい建て売り

☆041:一生
指先に初めて触るる固さあり一生終へし母のくちびる

047:持
タンポポを一輪持って歩くひと今日の時間はゆつくりと過ぐ

065:砲
紙鉄砲空に向かって打ち上げる答案用紙はひどいざら紙

071:側
富士山を通路側より眺めてる新幹線は各駅停車

072:銘
金箔がうつすら載つた銘菓食み故郷の街にただ雪ぞ降る

098:吉
山里の古き社の神様よ自販機からは半吉が出た
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-31 20:24 | お気に入り

星桔梗さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

星桔梗さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


001:咲
疲れ果てた心を潤し咲く花のなんと優しい香りでしょうか

004:瓶
瓶詰めの佃煮海苔が好きだったあなたを想い朝食をとる

015:艶
艶のある肢体は持ち合わせてませんごめんそれでも君が好きです

025:がっかり
晩餐にがっかりスープなるものを飲んで諦めつける算段

☆043:ヤフー
検索でヤフーを使用しなくともやっていけるかグーグルに問う

070:しっとり
しっとりと肌を潤す美容液今日のわたしは生き生きとして

079:絶対
一歩目は左足から絶対にそれが私のジンクスだから
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-31 19:58 | お気に入り

蓮野 唯さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

蓮野 唯さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


001:咲
艶笑と陶酔した目でしな垂れて声を引いては乱れ咲いてく

017:サービス
辛そうな君が笑顔を取り戻すサービスエリアのソフトクリーム

036:ふわり
西の空ふわり浮かんだ雲一つ夕日追いかけ染まる紫

☆053:藍
藍色を静かに白が押していく午前六時の窓辺の机

061:倉
じゃが芋を入れる倉庫があったらと秋の夜長に夢見て過ごす

064:妖
妖怪のせいなのねって歌ってる妻と娘と私と猫と

099:観
観たいのはテレビじゃなくて君なのに言えない思い触れ合った肩
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-29 21:02 | お気に入り

牧童さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

牧童さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


007:快
雨に濡れ重さ増し行くGパンは / 快楽求め躓く不快

010:倒
雨足が罵倒しあったあの日々を / 思い出させて遠のいていく

☆024:維
ほころびたジーンズまでも蘇る / 繊維模様の雨に抱かれて

059:畑
まだ続く畑ちがいの話など / どうでもよくて雨音を聴く

064:妖
雨ふれば妖しさ増してネオン街 / 行き交う傘も酔わされている

085:遥
溢れ出る涙がぽつり呟いた / 遥かなむかし僕は雨だった

089:煽
見上げれば僕の心を煽る雨 / イルミネーション今年が終る
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-29 20:41 | お気に入り

五十嵐きよみさんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

五十嵐きよみさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


002:飲
老いはもう身近にひそむ(風邪薬飲んだかどうかわからなくなる)

013:実
十年を経れば楽しいことばかり浮かぶ「梨の実歌会」の思い出

044:発
フランス語ふうに発音するときに哲学者めくあなたの名前

066:浸
コンサートの余韻に浸りつつ歩く一駅先まで肩をならべて

084:皇
王様も皇帝もいるサッカーの伝説的なスーパースター

088:七
七人の家族で暮らしたふるさとの家に今では母ひとり住む

☆097:陽
一度だけ陽気な人と評されたネットで会話をはずますうちに
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-29 20:26 | お気に入り

ゆきさんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

ゆきさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


014:壇
上品と下品のあひだ行き来して壇蜜ぬらりと笑ひてをりぬ

020:央
川の名と橋の名あまた数へつつ大阪中央公会堂へ

033:連絡
三日後に咲きます遅れないやうに金木犀にも連絡網が

039:鮭
オレンジのシャツには黒いボトムスを鮭の切り身になつた気持ちで

047:持
マグカップ両手につつむやうに持ち飲むコーヒーの湯気に冬立つ

074:焼
台風が来るから非難しませうと信楽焼の狸をかかへ

☆093:印
窓ガラス叩く雨脚強まれば街はいよいよ印象派めく
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-28 21:52 | お気に入り

永乃ゆちさんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

永乃ゆちさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


008:原
夕暮れにすすきを振って散歩した母さんあれが私の原点

☆048:センター
ストレスを抱えた会社員がいてセンターマイクを持って逃走

057:県
「県道のガードレールがオレンジで君に見せたい」「求婚ですか?」

067:手帳
手帳にはやさしい記憶を書き留めてひと時だけの夢を見てるの

080:議
議題にはのぼらないけど誰でもが思いあぐねるスカートの丈

087:故意
『故意ですか?』『恋ですよ』って繰り返す鍵の開いてる理科準備室

097:陽
太陽のしたで正しく笑えない昨日の熱を湯船にしずめた
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-28 20:06 | お気に入り

光井第一さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

光井第一さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


004:瓶
瓶詰の地獄 震えている兄と妹 いつまでもムツマジク

030:噴
ねぇ石榴 おまえは噴火寸前ね 何に怒って爆ぜてしまうの?

047:持
リモコンを持ち街に出たい そしてチャンネルをいちいち変えてまわりたい

062:ショー
衝動的ショートカットの少女からこぼれてしまったものを数える

074:焼
閃光――。続けざまに、閃光――。耳鳴りは脳を焼き焦がすかも

084:皇
捨てられるもの捨てられず寝ころんで『後五条天皇放浪記』読む

☆090:布
ろくでもない大人になったけどずっと財布の中にあるクローバー
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-28 19:42 | お気に入り

有櫛由之さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

有櫛由之さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


003:育
身のうちに琉金ひとつ育める乙女かつての春を超ゆらむ

☆006:員
さみどりに澪ひく波を寂しみぬ 古甲板員みたび娶りき

028:塗
白罌粟の白塗りかさねさきの世の恋人おもふまま午睡醒め

045:桑
あたますきとほり死にたる桑の子を小さき手もて葬る春の夜

065:砲
夕暮に艦砲射撃空耳す浜風に足跡薄きこと

066:浸
だらしない女はしかも善人で蜜に浸したパンさへくれた

098:吉
団栗が額にあたるは吉兆と思ひましたが違ひましたか
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-25 20:09 | お気に入り

湯山昌樹さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

湯山昌樹さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


020:央
ユーミンの「中央フリーウェイ」聴きながら新東名をゆっくり走る

036:ふわり
ふわりんと修学旅行の女生徒は同じ香りの髪なびかせて

039:鮭
わが甥は毎朝二膳の飯を食う 鮭フレークを山ほど載せて

043:ヤフー
たわむれにヤフーで検索した言葉 思わぬつながり生んで二時間

☆067:手帳
辛いこと悲しいことも書いておく システム手帳は抜き差し自由

068:沼
三年間通った沼津の街並みは都市計画でしだいに変わる

075:盆
丸盆の茶をすいすいと運ぶ人 家庭の様子が見える気のする
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-25 19:57 | お気に入り

中西なおみさんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

中西なおみさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆003:育
わたくしの少女ほほえむイルカからクジラに育つ雲をみつけて

006:員
黒蝶のはばたき聞いて全員でうたいはじめる春つげる花

023:保
わけられた保体の授業産む性が んんんんんんん 膝を抱えて

048:センター
ぼろぼろの人形みたいな目つきしてセンターライン越えてこぬ人

059:畑
ほとんどを畑で過ごすおばさんが親しくしてる蟷螂のトム

061:倉
蟷螂のトムがゆっくり鎌を振る倉庫の屋根に浮かぶ満月

097:陽
猫の仔ととげとげとかげ陽だまりで眠る姿を待ち受けにして
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-25 19:31 | お気に入り

諏訪淑美さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

諏訪淑美さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


039:鮭
時鮭の呼び名初めて知りたるは北海道の旅サロベツの夜

049:岬
足摺と室戸岬を両足に踏みて育ちし竜馬の情熱

051:たいせつ
たいせつなものを訊かれて6歳の孫は即座に仮面ライダー

071:側
大雨の注意報出て間もなきにはやもあふれる側溝の水

072:銘
墓碑銘に「愛」とか「恋」とか増えてきた公園墓地につつじ満開

074:焼
我もまた紫煙となりて上るのか焼き場の煙しばし眺めぬ

☆083:射
静脈を探しあぐねる看護師の持つ注射針が凶器に見える
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-25 17:49 | お気に入り
題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

コバライチ*キコさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


016:捜
脳の中捜してみても見つからず「あ」から始まる苗字をたどる

018:援
集まりし復興支援の義援金どこに使われいるのやら 春

057:県
ふるさとの「信濃の国」とふ県の歌からだに染みて未だ忘れず

☆063:院
病院のにほひは案外嫌いじやない非日常に身を沈めたり

074:焼
焼売は冷めても旨いさう言ひて経木の蓋を静かに開ける

098:吉
「吉右衛門、ほら鬼平よ!」と囁きし客も華やぐ歌舞伎座の夜

100:最後
最後尾守つて歩む人がいて山の景色の蘇りくる
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-24 15:59 | お気に入り

とみいえひろこさんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

とみいえひろこさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


008:原
蜘蛛と眼を交はしていたり原つぱでわたしのみづがうなづき始む

025:がっかり
ごめんなさいがっかりさせてごめんなさいあんたも空も同じように好きよ

☆032:叩
叩かれて煽られて空は脱いでいる二月の青がいちばん揺れる

039:鮭
あたたかなへこみはやがて冷えてゆく鮭弁の鮭の下のごはんの

067:手帳
空ちぎる指のつめたさ降り積もる重さを文字にして安い手帳に

068:沼
沼へ出す手紙しめりぬもう一回、もういっかいでも会えないですか

091:覧
ご覧よ、もう空は剥がれて血の色がこんなに雲を愛しているよ
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-24 15:21 | お気に入り

矢野理々座さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

矢野理々座さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


006:員
満員で身動き取れぬエレベータ不快指数は最上階まで

030:噴
ケンカして噴火した妻おさまらず栗まんじゅうを3つヤケ食い

039:鮭
よっぽどの空腹だったかあの父が鮭缶開けて茶漬けにした跡

071:側
俺たちが工事したこの側道のガードレールに銘打っとくか?

073:谷
谷間から望むきれいな夕焼けが「早く帰れ」と秒読みをする

☆074:焼
焼香のお盆にもしもふりかけを置いたらやはりバレるだろうか

097:陽
陽炎が揺れる真夏の吉備の国涼しくなったら鬼退治行こ
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-24 14:55 | お気に入り

じゃみいさんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

じゃみいさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


001:咲
何年も嫌な記憶がリンクする桜咲く頃よく雨が降る

007:快
酒飲んで愉快になってはめ外し動画になって赤面してる

031:栗
帰宅してジャーを開ければ栗ご飯やったーなんてつぶやいたりする

049:岬
兵庫県岬と言えば和田岬岬めぐりのバスは走る

057:県
兵庫県僕の住む街グッドです議員を選ぶセンスないけど

☆073:谷
夏の日に胸の谷間に視線行くそれだけだけどそれだけだけど

093:印
ポンポンと検印を押しブルブルと心の中で震えているよ
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-24 14:37 | お気に入り

希屋の浦さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

希屋の浦さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


028:塗
アクリルのペンキで塗った世界にはビー玉の空透けて消えてく

032:叩
釘叩く折れた先にはやおよろず神がひっついてる気がしたそれだけ

☆039:鮭
朝食に鮭フレークを食べている今日のわたしに予定はないの

062:ショー
随分と長くひとりでいたんだねショートカットのキミも好きだよ

069:排
排気口抜けた先には空がありわたしはなんで泣きそうになる

078:棚
棚の上飾ってあった貯金箱あの震災で割れてなくした

082:チェック
チェス盤のぐるりを巻いた民衆よチェックメイトのキングが笑う
[PR]
# by yuaruhi | 2015-10-24 14:24 | お気に入り

佐藤紀子さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

佐藤紀子さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


003:育
育児書に日光浴が推されゐしわが子育ての日々はるかなり

013:実
「実はね」と話し始める友の声受話器の中で消えさうになる

015:艶
エネルギーを内にたくはへ椿の葉四月の丘に艶々と照る

047:持
やさしさを素直に出せる少年がスーツケースを持ちてくれたり

073:谷
息子らに押し上げられるやうにして谷川岳の頂上に着く

☆090:布
久々に来る子を待ちて下ろしたる布巾なかなか水を吸はない

099:観
お互ひを理解できぬと達観し夫婦はやつと家族になりぬ
[PR]
# by yuaruhi | 2015-01-14 21:09 | お気に入り

佐野北斗さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

佐野北斗さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


029:スープ
神様は今日もスープをかきまぜる ウミガメの殻を積み上げながら

☆031:栗
焼き栗がはじける冬の雑踏に純粋な雪を待つパリの街

044:発
真っ青な空に一条雲はけば始発列車の扉がひらく

061:倉
霧雨の濡らす石道ふたりして無言で歩く秋の鎌倉

070:しっとり
しっとりとしめった髪に指を入れ目をとじるとき わたしはひとり

082:チェック
マフラーはタータンチェック 後ろから抱きしめたいと思う朝です

089:煽
七輪の炭火静かに煽りつつ鰯三匹待つ秋の酒
[PR]
# by yuaruhi | 2015-01-14 20:23 | お気に入り

原田 町さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

原田 町さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


001:咲
咲きかけの沈丁花も震えてる立春寒波にめげず詠おう

022:関東
関東の海無き県に住みなれて色濃きうどんの汁を飲みほす

041:一生
一生ものと勧められても黒貂のショール纏ってゆく場所が無い

074:焼
国産の鰻と信じスーパーに蒲焼を買う土用丑の日

076:ほのか
明けがたのほのかな夢に見えくるは幼きままの四十息子

☆090:布
端布をいろいろ集めキルテイング作らんとして数年を経つ

091:覧
長嶋の天覧試合我が家にはテレビの無くてラジオで聞きぬ
[PR]
# by yuaruhi | 2015-01-14 19:58 | お気に入り

周凍さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

周凍さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


006:員
うたかたのうたてはかなき三つ瀬川員(いん)に備ふる人ならなくに

008:原
わたの原かけてただよふひがことやうちよす汀の魚(いを)のなきがら

019:妹
こぼるらむおもひいでては花と咲く妹がかたみの庭の春かな

040:跡
"身の後の木の葉に色をおく露の跡をたづねよ有明の月
"

053:藍
月草の色をうつせるおもひかなあせぬもかなし藍染めの衣

067:手帳
をりはへて誰がためにや輪廻せる終の手帳の水茎の跡

☆074:焼
空蝉と知りて見る夢なほかなし身を焼きつくす火にこがれつつ
[PR]
# by yuaruhi | 2015-01-13 21:36 | お気に入り

@貴さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

@貴さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆028:塗
遺品整理のみのひとひよ輪郭のしかと描かれし塗り絵をもらふ

029:スープ
たれからも善く想はれてゐたき夜のセロリスープのひとくちの沁む

030:噴
ゆきちがふ恋かもしれぬ噴水の飛沫(しぶき)ひとすぢ翻りけり

055:芸術
散るさくら散らぬ櫻のはなびらのあはひを芸術大生の往く

064:妖
緑陰の窓にあこがれ妖精を、否々バウムクーヘンをはむ

080:議
はつ恋はあはせ鏡の春といふ七不思議ゆゑわけあひませう

081:網
網膜の剥がるるやうに逝く夏の追ひかけて追ひかけて白球
[PR]
# by yuaruhi | 2015-01-13 20:34 | お気に入り

谷口みなまさんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

谷口みなまさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


002:飲
カルピスをひとくち飲んでかきまわす氷の音が半音あがる

004:瓶
煮沸して湯よりひきあげし瓶の肌たちまちかわき鈍く光れり

045:桑
カラオケであなたがいつも歌ってた桑田佳祐は歌い続ける

046:賛
あなたとの最後の夜にハミングでうたいつづけた愛の賛歌を

054:照
例年の半分以下の日照ですテレビが言ってサラダバーに居る

☆062:ショー
水槽とみまごうガラスのショールームアルファ・ロメオの赤色潤む

070:しっとり
霧の朝しっとりなじむ髪に触れ水の惑星だねと言いしきみ
[PR]
# by yuaruhi | 2015-01-13 19:44 | お気に入り

髯仙人さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

髯仙人さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆004:瓶
ときとして 頭の隅の 青春の 瓶詰めのジャム パンに塗ってる

040:跡
千年を 超ゆる毎年 営々と 米を作りし 田の跡にっぽん

057:県
老いてなお こころの隅に 輝けり 発明工夫の 県知事賞は

065:砲
讃州の 善通寺から 時告ぐる 号砲「どん」が 瀬戸を越え来し

068:沼
秋深し 沼のイモリは 赤き腹 抱へて冬に 眠りゆくかな

081:網
網の目を 縦にくぐれば 逃げられる それでもメダカは あはれ掬(すく)はる

097:陽
きらきらと 冬陽が 波と遊んでる 宮島行きの フェリー航く見ゆ
[PR]
# by yuaruhi | 2015-01-12 21:56 | お気に入り

はぼきさんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

はぼきさんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


009:いずれ
この木にもいずれ花咲き実ができる詳しいことはわからないけど

039:鮭
どこにでも持って行きたい鮭と梅おむすびころころ日本の心

☆063:院
退院の荷物まとめて着替えたらなんだかとても場ちがいな人

073:谷
折り紙を山と谷とに折り進む元の平野は跡形もなし

074:焼
オムレツか目玉焼きかで争ってスクランブルの朝の食卓

083:射
プリンタで印字のたびに噴射さるピコリットルはどれほどの量

088:七
ひしゃくだと誰が最初に言ったのか夜空に浮かぶ七つの星を
[PR]
# by yuaruhi | 2015-01-12 21:24 | お気に入り

円さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

円さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


019:妹
「でもわたし妹だったし、やなことは誰かがやってくれるかなって」

027:炎
窓からのぜんぶがしろい炎ですこめかみだけが脈打っている

048:センター
爆音よ君はそれでも行くんだろうセンターラインの白い十字へ

064:妖
ぼくたちが車に轢かれたそのときも妖怪ウォッチは有効ですか

070:しっとり
しっとりと君を濡らした雨雲はもはや消えたとテレビが告げる

073:谷
通勤は不気味の谷を経由してヒトの顔してホームに降りる

☆078:棚
反射する海の明るさ受けとめてかはたれ時の棚田をくだる
[PR]
# by yuaruhi | 2015-01-12 20:59 | お気に入り

中村成志さんの歌

題詠blog2014を完走したみなさまの歌からお気に入りを選んでいます。

中村成志さんの百首からお気に入り七首を選びました。
☆印を付けた歌がいちばんのお気に入りです。


☆007:快
雪の日は土曜日が良く寝床から快速線の過ぎる音聞く

019:妹
いっせいに指輪をつぶし投げ上げる妹たちの満ちる空間

029:スープ
花冷やす光を受けて海亀のスープとことん透きとおりゆく

057:県
直線に慰められることもある県道203号北へ

075:盆
皹割れの目立つ小道よあじさいも新盆までの花と思えば

076:ほのか
あじさいの辺りほのかに照らされて雨が葉をつく葉が毬をつく

093:印
八月の声上手すぎるうぐいすよ印鑑証明コンビニで取る
[PR]
# by yuaruhi | 2015-01-06 21:22 | お気に入り